クルマ・サービス

トヨタ「86(ハチロク)」でスポーツカーの走りを楽しもう

惜しまれつつも取扱い終了となったトヨタのスポーツカー「86(ハチロク)」が、再びカレコに登場しました。今度の「86」は、マイナーチェンジにより走りや乗り心地に磨きがかった後期型です。

<目次>
低く構えたスタイリング
スポーツカーらしさが凝縮されたインテリア
初めてでも乗れる?
200馬力エンジンによる力強い加速
3つのステーションで白、シルバー、赤に乗れる

低く構えたスタイリング

「86」は、2012年にトヨタが発売した現代の日本で数少ないFR(後輪駆動)のスポーツカー。長いボンネットを持ち低く構えた外観は、スポーツカーらしい雰囲気を感じさせてくれます。

後期型になりフロントまわりやテールライトのデザインが変わった。ヘッドライトはLED式に
後期型になりフロントまわりやテールライトのデザインが変わった
ボディサイズは全長4,240m×全幅1,775mm×全高1,320 mm。「ヴィッツ」より20cm近く低い
ボディサイズは全長4,240m×全幅1,775mm×全高1,320 mm。「ヴィッツ」より20cm近く低い
新しい「86」はヘッドライトがLEDに。夜間のドライブをより快適する
新しい「86」はヘッドライトがLEDに。夜間のドライブをより快適にする

スポーツカーらしさが凝縮されたインテリア

インテリアもスポーツカーらしさが演出されたデザインを採用しており、低いシートに座ると、目の前には垂直に切り立ったダッシュボードが広がります。シフトレバーやパーキングブレーキのレバーが手の届きやすい位置にあるのも、スポーツカーらしいところです。

操作性はごくシンプルで、初めて乗る時も迷うことなく使える
操作性はごくシンプルで、初めて乗る時も迷うことなく使える
カレコの「86」は6速オートマチック。マニュアルモードもあり、スポーティに走れる
カレコの「86」は6速オートマチック。マニュアルモードもあり、スポーティに走れる

「86」は後ろの席もある4人乗りのクルマですが、後ろの席は頭上も足元の空間も狭く、実質的には2人乗りと考えた方がいいでしょう。荷室は高さがあまりないので、荷物を載せるときは大きさに注意してください。

シートはサイドの張り出しが大きく、カーブを曲がるときも身体をしっかり支えてくれる形状
シートはサイドの張り出しが大きく、カーブを曲がるときも身体をしっかり支えてくれる形状
後ろの席もある4人乗りだが、頭上も足元も狭く、大人が乗るのは難しい
後ろの席もある4人乗りだが、頭上も足元も狭く、大人が乗るのは難しい
後ろの席に乗るときはリクライニングレバーを引き上げて、前のシートを倒す
後ろの席に乗るときはリクライニングレバーを引き上げて、前のシートを倒す
車高が低いため、トランクは高さがあまりない
車高が低いため、トランクは高さがあまりない
後ろのシートを倒して奥行きを拡大することは可能
後ろのシートを倒して奥行きを拡大することが可能
トランクは運転席の右奥にあるボタン、もしくはリモコンキーで開ける
トランクは運転席の右奥にあるボタン、もしくはリモコンキーで開ける

初めてでも乗れる?

スポーツカーに乗ったことがない人の中には、「初めてでも大丈夫?」と思う人もいるかもしれません。目線が低いため、始めのうちこそ違和感があるかもしれませんが、走り始めればすぐに慣れるでしょう。

コンパクトカーやミニバンと比べると、前が長いことに注意が必要ですが、運転席からボンネットが見え、また前輪の部分が膨らんだ形状のため、車両の先端や左右の位置はつかみやすいといえます。

運転席からボンネットの両端が見えるため、車両感覚はつかみやすい
運転席からボンネットの両端が見えるため、車両感覚はつかみやすい
ドアミラーは上下方向に大きく、車線変更や駐車時も見やすい
ドアミラーは上下方向に大きく、車線変更や駐車時も見やすい
もちろんバックモニターも装備しているので、駐車時の後方確認も安心
もちろんバックモニターも装備しているので、駐車時の後方確認も安心

なお、4,240mmという全長は、コンパクトカーの「ノート(4,100mm)」より、14cm長いだけ。「プリウス」と比べると30cmも短く、車幅は1.5cm広いだけです。

200馬力エンジンによる力強い加速

「86」の一番の特長は、なんといってもその“走り”にあります。アクセルを踏み込むと、力強く加速していきます。

ハンドルを切ると機敏に反応するフットワークの良さもスポーツカーの魅力のひとつ
ハンドルを切ると機敏に反応するフットワークの良さもスポーツカーの魅力のひとつ

スバルと共同開発された水平対向4気筒2.0リッターエンジンは、147kW(200ps)を発揮。3,000回転を越えてからの鋭い加速とエンジン音は、スポーツカーならでは。ついついスピードを出したくなってしまいますが、くれぐれも速度制限やスピードの出し過ぎには注意しましょう。

シフトレバーの後方には、ドライブモードを選択するスイッチがあります。「SPORT」を押すと、変速タイミングが変わり、よりスポーティに走ります。峠道などで試してみてください。

「SPORT」を選択すると変速タイミングが変わり、より高回転で走るようになる
「SPORT」を選択すると変速タイミングが変わり、より高回転で走るようになる

なお、左側にある「OFF」のボタンはTRC(トラクションコントロール)のスイッチで、OFFにすると、発進や加速時にタイヤの空転を防止する機能がOFFになります。右側の「TRACK」はトラックモードのスイッチで、TRCやVSC(横滑り防止装置)の特性が変化します。どちらも、サーキット走行などを前提としたスイッチなので、公道では操作しないようにしましょう。

3つのステーションで白、シルバー、赤に乗れる

軽快なフットワークや力強く加速するエンジンが魅力のスポーツカー「86」は、「丸の内トラストシティ駐車場」「新宿サブナード」「渋谷セルリアンタワー」の3つのステーションから乗れます(2020年4月現在)。ステーションによってボディカラーが異なり、それぞれ白、シルバー、赤です。

赤( ピュアレッド )の86は 「渋谷セルリアンタワー」 から乗れる
赤( ピュアレッド )の86は 「渋谷セルリアンタワー」 から乗れる

車種クラスは「プレミアム」で、10分270円、6時間パック7,600円、12時間パック9,000円、24時間パック11,000円、夜間パック5,100円でご利用できます。もちろん、6時間以内の予約・利用なら距離料金は不要です。本格派のスポーツカーをぜひお試しください。

>>>「丸の内トラストシティ駐車場」ステーションで予約する

>>> 「新宿サブナード」ステーションで予約する

>>> 「渋谷セルリアンタワー」ステーションで予約する

>>> 「カレコ・カーシェアリングクラブ」の料金

<関連記事>
>>> ホンダ「S660」コンパクトなオープンカーでスポーティな走りを楽しむ

>>> 「RAV4」「ハイエース ワゴン」トヨタの人気車種で出かけよう

>>> 本格派のオフロード車「ジープ ラングラー アンリミテッド ルビコン」に乗ろう

  • 記事内容は公開時のものです。変更になる場合があります。