体験レポート

カレコなら「トヨタ ハチロク」にも乗れる!人気のスポーツカーで夜のドライブを!

初めてのハチロク体験 – 夜間ドライブでその走りを楽しむ!

カレコの会員の皆さまから「カレコはたくさんの車種が選べて楽しい」「シーンに合わせてクルマが選べるのがマイカーより良い」といった声をよくいただきます。

カーシェアというと環境にやさしいハイブリットカーやコンパクトカーばかりと思われがちですが、カレコでは「ニッサン リーフ」といった電気自動車、7~8人乗りの「トヨタ ヴォクシー」、「ホンダ フリード」など、シーンに合わせていろいろなクルマをお選びいただくことができます。中でも特に人気なのが「トヨタ ハチロク」や「ホンダ CR-Z」といったスポーツカータイプのクルマ。ほかのカーシェアはもちろんレンタカーでもなかなか乗ることができない珍しいクルマです。

今回は、2012年8月の導入以来、大人気でなかなか予約がとれない「トヨタ ハチロク」のクルマの魅力をレポートします。協力してくれたのは、カレコ会員の高木さん(仮名)です。20:00〜翌朝8:00までの料金が非常にお得なカレコの「夜間パック」を活用して、夜の首都高ドライブを動画付でお届けします!

カレコでは2014年7月より料金を改定しました。現在の料金プランおよびご利用事例はこちらをご覧ください。

「トヨタ ハチロク」夜のドライブ映像はこちら

今回体験レポートを書いてくれたカレコ会員の高木さんはこんな方です。

プロフィール 男性・20代半ば
カレコ歴 約1年。渋谷区在住。
気軽に好きな時に利用できるカーシェアリングのスタイルが気に入っている。クルマの運転が好きなので、気ままなドライブでリフレッシュすることも。

今回はハチロクのある渋谷のセルリアンタワーステーションから出発し、首都高速からレインボーブリッジ、お台場を経由して横浜ベイブリッジに向かいます。その後、本牧ジャンクションを降り、みなとみらいまで行きました。


大きな地図で見る

個性的なクルマが集まるカレコのセルリアンタワーステーション

今回利用するクルマは人気のスポーツカー、「トヨタ ハチロク」です。カーシェアリングと言えばコンパクトカーをイメージすることが多いのですが、こんなにかっこいいクルマも選べるのは嬉しい限りです。

ハチロクがあるのは、渋谷セルリアンタワーのカレコ・ステーション。地下3階までエレベーターで移動すると、5台のカレコのクルマが並んでいます。ハチロクはもちろん、他には「ホンダ CR-Z」、「トヨタ ヴォクシー」、「トヨタ プリウスPHV」、「ニッサン リーフ」といった特徴あるクルマがラインナップされたステーションです。

セルリアンタワーのカレコステーション

セルリアンタワーのカレコステーション

さあ、ハチロクとご対面!

待ちに待ったハチロクとのご対面です!予想していたよりもずっと車高が低く、滑らかなブラックカラーに高級感を感じます。サイドが盛り上がったフロントのスタイルは非常にスマートです。

流線的なハチロクのフォルム

流線的なハチロクのフォルム

ボディラインは流れるようにバックへと続き、上品なシンプルさを兼ね備えています。リアラインも非常に美しく、後ろから見ると重心の低さが強調されています。。

ハチロクのバック

ハチロクのバック

リアトランクには十分ものを入れるスペースがあります。

十分なサイズのトランク

十分なサイズのトランク

黒で統一されたクールな車内

車内インテリアも黒で統一されていますが、外観とは異なりマットな質感です。ハンドルはとても握りやすく、早くドライブしたい衝動にかられます。

握りやすくなじみやすいハンドル

握りやすくなじみやすいハンドル

スピードメーターは暗闇に映えるバレンシアレッド。260Kmまで目盛があるのにはびっくりしましたが、法定速度はきちんと守って運転したいと思います。

暗闇に映えるスビートメーター

暗闇に映えるスビートメーター

シートは堅さもちょうど良く、長時間の運転でも疲れませんでした。窮屈さを感じさせない包み込まれるような座り心地は好印象でした。

包み込まれるような形の座席シート

包み込まれるような形の座席シート

いざ出発!

ハチロクの利用開始手続きはスマートフォンから簡単に行うことができます。iPhoneのロック画面を解除するように、ボタンをスワイプさせると通信が始まります。完了すると、クルマのロックが解除されます。

スマホからクルマの施錠を解除して利用開始

スマホからクルマの施錠を解除して利用開始

セルリアンタワーの駐車場は、車内にある「車内マニュアル」の中に入っている専用の「駐車カード」を使って出入りすることができます。

セルリアンタワー専用駐車カードを使おう

セルリアンタワー専用駐車カードを使おう

まず僕が驚いたのはエンジン音。カーシェアリングでこんなパワフルなエンジン音が聴けるとは!これからはじまるドライブに思わず期待してしまいます。

さっそく公道に出て、アクセルを踏むとスムーズに加速。まるで自分の足と連動しているように、クルマが反応してくれます。ハンドリングも素直で扱いやすく、快適にドライブすることができました。

ハチロクから見える首都高の夜景を楽しむ

六本木から首都高に入り、レインボーブリッジを目指します。お台場周辺は今回の夜景スポットの一つ目です。さらにそこから湾岸道路に抜けると、運転手席側に工場地帯が広がります。ここが二つ目の夜景スポット。

首都高速を快調に走る

首都高速を快調に走る

そして最後に横浜ベイブリッジを通り、緩やかに左に曲がりながら眼下の夜景を楽しむことができます。

この後、本牧ジャンクションで降り、スターバックスTSUTAYA横浜みなとみらい店で一息つきました。TSUTAYAと併設されており、深夜2時まで営業しているため便利です。

道路も空いており気持ちよくドライブすることができました。返却も同様にスマホから行うことができ、もし延長したくなったら予約状況に応じて10分単位で延長することができるのも嬉しいですね。

カーシェアリングでスポーツカーに乗るという体験は新鮮でした!ハチロクを借りて、たまには行き先を決めずに夜の街を気ままに走るのもいいのではないでしょうか?

こちらは今回のドライブの様子を動画で撮影したものです。

夜間パックのドライブはおいくら?

さて、今回のナイトドライブでは、カレコの利用料金はいくらだったのでしょうか。カレコの利用料金は、「時間料金」と「距離料金」の合計です。「時間料金」は予約時間に応じて発生します。「距離料金」は実際にクルマを利用した際の走行距離に応じて発生します。

まず今回の予約時間は、20:00〜1:00の5時間なので、夜間パックが適用されます。夜間パックは、20:00〜翌朝8:00までの時間を3時間半以上利用するときに適用されるお得な時間料金です。

高木さんの料金プランはバリュープランなので、以下のようになります。

夜間パック = 2,500円

距離料金は、クルマを利用した際の走行距離に応じて発生します。ハチロクの場合は1km当り17円となります。今回、ナイトドライブの走行距離は123Kmでした。よって、以下のように計算できます。

距離料金 = 123Km×17円 = 2,091円

つまり今回のカレコの利用料金は以下の通りです。

合計 =2,500円 + 2,091円 = 4,591円

レンタカーの場合は、夜間料金が設定されていないので、一般的な利用料金となります。今回は5時間の利用だったので、5,800円〜6,800円くらいの金額になります。カレコの夜間パックの場合は、最大12時間利用できるので、長く使えば使うほどお得ということになります。

大手レンタカーと比較すると夜間パックはとてもお得!

大手レンタカーと比較すると夜間パックはとてもお得!

夜のドライブはカレコで決まり!

最大12時間を2,500円で利用できるカレコの夜間パック。お手ごろ価格なので、気軽に利用できます。夏になれば、涼みがてら夜の海にでかけてみるのも気持ちよさそうです。

今回は、ハチロクに乗って気ままなドライブをしてみました。質実剛健なクルマも便利ですが、たまにはハチロクのようなスポーツカーで街を走ってみるのも新鮮に感じられます。ハチロク以外にも、カレコには利用シーンに合わせてヴォクシーやフリード、CR-Z、電気自動車のリーフなど、いろいろな車種をご用意しています。ぜひお試しください。

セルリアンタワーステーションの5車種

セルリアンタワーステーションの5車種

おトクな入会キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。