利用アイデア

アメリカと昭和、2つの非日常を楽しむ・福生~青梅ドライブ


休みの日にドライブをするなら、日頃の仕事や生活から離れて思いっきり“非日常”を感じたい。でも、山や海はもう行ったことあるしなぁ……。そんな人にオススメしたいのは、東京の北西側に位置する、福生~青梅のエリアです。福生は横田基地のあるアメリカンな街並みを、青梅はレトロな街並みを楽しめるスポットです。人とはちょっと違う写真をInstagramにアップしたい、という人にもオススメですよ!

日本なのにアメリカン!福生ベースサイドストリート

横田基地の前を走る国道16号線は「ベースサイドストリート」と呼ばれていて、アメリカ風のお店が並びます。

アパレルショップや雑貨店、飲食店などがあり歩いているだけで楽しい

アパレルショップや雑貨店、飲食店などがあり歩いているだけで楽しい

お店のマップもアメリカン。道の向こう側は横田基地

お店のマップもアメリカン。道の向こう側は横田基地

昼食はベーグル専門店の「フレッシュベーグルHOOP」でいただきました。メニューはランチからスイーツまで、迷ってしまうほどの種類があります。今回はハムエッグチーズのヴェーグルを選びました。速く食べたい気持ちを抑えて、記念の写真をパチリ!

店内はお洒落でインスタ映えもバッチリ。もちろん味も最高!

店内はお洒落でインスタ映えもバッチリ。もちろん味も最高!

基地のある街だけに、米軍関係者の住宅も多い福生。中には古い米軍ハウスも残っており、一般公開されている建物もあります。その名も「福生アメリカンハウス」です。

場所はHOOPのちょうど裏側。水色の可愛らしい外観が特徴

場所はHOOPのちょうど裏側。水色の個性的な外観が特徴

この福生アメリカンハウスは、1958年に建てられた当時のままの姿を残す希少な米軍ハウスで、内装も1950年代の雰囲気が再現されています。取材日は平日だったため、中には入れませんでしたが、土日祝日は一般開放されており、無料で見学できます。

▼フレッシュベーグルHOOP
住所:東京都福生市大字福生2475
電話:042-530-8877
駐車場:あり(無料)
URL:https://www.facebook.com/hoopbagel8877

▼福生アメリカンハウス
住所:東京都福生市福生2476-1福生G-14
電話:042-513-0432
営業時間:土・日・祝 11:00~17:00
駐車場:なし 近隣のコインパーキングをご利用下さい
URL:https://www.facebook.com/Fussa-American-House-519260601533975/

ノスタルジーを感じる昭和レトロな街、青梅

アメリカンな福生を楽しんだあとは、30分ほどクルマを走らせ青梅の街へ。青梅は街並みに昭和の面影が残るだけでなく、街をあげて昭和レトロを楽しめるようになっています。

通り沿いの景色はまるで昭和にタイムスリップしたかのよう。古くからのお店が並ぶ

通り沿いの景色はまるで昭和にタイムスリップしたかのよう。古くからのお店が並ぶ

青梅の名物のひとつ、映画看板。実際に看板を描いていた絵師が描いたもの

青梅の名物のひとつ、映画看板。実際に看板を描いていた絵師が描いたもの

青梅の街を散策していると、街のいたるところで昭和30年代ごろの映画の看板を見つけることができます。この映画の看板は、街おこしの一貫として作られたもので、今や青梅の名物のひとつ。その枚数は30以上もあるそうです!青梅に行ったらぜひ探してみてくださいね。

もっと昭和を感じたいなら3つの博物館は必見!見学には「3館めぐり券」がおトク

もっと昭和を感じたいなら3つの博物館は必見!見学には「3館めぐり券」がおトク

昭和レトロを堪能するなら、「青梅赤塚不二夫会館」「昭和レトロ商品博物館」「昭和幻燈館」も行っておきたいところです。青梅赤塚不二夫会館は、その名の通り昭和を代表するギャグ漫画家、赤塚不二夫の世界が見られるもの。昭和レトロ商品博物館は、昭和30~40年ごろのお菓子や煙草といった商品パッケージを見ることができる博物館です。はす向かいにある昭和幻燈館は昭和レトロ商品博物館の別館です。青梅からデビューしたユニット『Q工房』さんの、猫をモチーフにした作品の常設展示が行われています。

▼青梅赤塚不二夫会館
住所:東京都青梅市住江町66
電話:0428-20-0355
駐車場:なし 近隣のコインパーキングをご利用下さい
URL:http://ome-akatsukafujio-museum.com/index.html
▼昭和レトロ商品博物館
住所:東京都青梅市住江町65
電話:0428-20-0355 (青梅赤塚不二夫会館)
駐車場:なし 近隣のコインパーキングをご利用下さい
URL:http://ome-akatsukafujio-museum.com/retoro/
▼昭和幻燈館
住所:東京都青梅市住江町9
電話:0428-20-0355 (青梅赤塚不二夫会館)
駐車場:なし 近隣のコインパーキングをご利用下さい
URL:http://ome-nekomachi.com/

レトロな雰囲気を満喫できる青海!?

レトロな雰囲気を満喫できる青海

ホンダ「ヴェゼル」でドライブしました

小旅行にぴったりのコンパクトSUV「ヴェゼル」

小旅行にぴったりのコンパクトSUV「ヴェゼル」

今回の福生~青梅ドライブには、ホンダ「ヴェゼル」を利用しました。「ヴェゼル」は運転席の視界が広く、SUVらしいパワーのある走りが楽しめるクルマです。カレコではミドルカー料金でご利用いただけます。

▼ヴェゼルが設置されているステーションはこちら!
https://www.careco.jp/car/honda-vezel/

まとめ:福生~青梅で非日常を感じてみよう

今回はアメリカンな福生と、昭和レトロな青梅の街を散策してみました。非日常と聞くと、テーマパークのような場所を連想するかもしれませんが、こうして街そのものに特色があるエリアもあるものです。福生は都心からクルマで1時間半ほど、青梅はそこからさらに30分ほどで行くことができます。カレコで「非日常をめぐるドライブ」、出かけてみてはいかがでしょうか?

  • おトクな入会キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。