6時間限定!ドライブツアー

所沢フットサルパークでパデルを体験しよう

こんにちは。カレコブログ編集部のMです。編集長からの「海に浮かぶ鳥居の写真を撮ってこい」という指令をクリアし、ひと安心していたのもつかの間、今度は「パデルを体験してレポートしてきなさい」というミッションが!

なんでもパデルは、日本に上陸して間もないスペイン発祥のスポーツで、日本ではまだ数カ所にしかコートがないのだとか。「スポーツの秋だし、新しいスポーツを体験して読者のみなさんに紹介したいの。もう基本レッスンの予約も済ませてあるからよろしくね!」と編集長。読者のみなさまのためとあれば編集部M、行かないわけにはいきません!

というわけで、友人2人を誘ってパデルにチャレンジしてきました。行き先は、埼玉県所沢市にある「所沢フットサルパーク」です。

今回のドライブの相棒は新型ヴォクシー!

前回は自宅近くのステーションでクルマをピックアップしましたが、今回は友達との待ち合わせを考えて池袋のステーションを選択。待ち合わせ場所に合わせて出発ステーションが選べるのも、カーシェアリングの便利なところです。

今回はリパーク池袋3丁目第10の新型ヴォクシーでドライブ

今回はリパーク池袋3丁目第10の新型ヴォクシーでドライブ

今回は以前より乗ってみたかった新型ヴォクシーを選びました。みんなで遊びに行くならやっぱりミニバンですよね!

窓が大きく見下ろすような視点で運転がしやすい新型ヴォクシー

窓が大きく見下ろすような視点で運転がしやすい新型ヴォクシー

所沢フットサルパークまでは、池袋から約1時間。今回は練馬から新座まで関越自動車道を使いましたが、空いていれば一般道でもそれほど時間は変わらなさそうです。

日本初のパデルコート「所沢フットサルパーク パデルコート」へ!

所沢ICからを下りて10分少々で目的地「所沢フットサルパーク」に到着。所沢フットサルパーク パデルコートは、日本初のパデルコートとして2013年にオープン。パデルコートはまだ日本に数か所しかなく、都内から一番近いパデルコードがこの所沢フットサルパークなのです。

▼所沢フットサルパーク パデルコート
URL:http://tokorozawafp.com/PADEL/
住所:埼玉県所沢市北原町1288
tel:04-2991-3277

所沢フットサルパークのパデルコートは、屋根なしのコートが2面と屋根付きのコートが1面あり、屋根付きならば雨の日でもパデルを楽しむことができます。この日も雨だったので、屋根付きのコートでプレイしました。

パデルコートは20m×10mでテニスコートの半分。ガラス張りなのが特徴

パデルコートは20m×10mでテニスコートの半分。ガラス張りなのが特徴

パデルは、40年ほど前にスペインで生まれたスポーツで、テニスとスカッシュを合わせたようなラケット競技。コートの周囲はガラスやフェンスで囲まれていて、壁にボールが当たってもプレイを続けられるのが、テニスとの大きな違いです。跳ね返ってきたボールを打ったり、壁に向かって打ったり、いろいろな技があります。ボールはテニスボールの見た目とほとんど同じ。テニスよりも小さい専用のラケットを使います。

パデルのラケットはテニスラケットより短く、初心者でも扱いやすい

パデルのラケットはテニスラケットより短く、初心者でも扱いやすい

この日は、インストラクターの方に基本的なルールや動作から教えていただきました。全員、テニスも未経験だったので、ボールをラケットに当てるところからひと苦労。特に、壁に当たって跳ね返ってきたボールを打ち返すのが、最初はタイミングがなかなか合わず難しかったです。

バウンドしたボールを打つ練習。自然にラケットを前に出すのがコツ

バウンドしたボールを打つ練習。自然にラケットを前に出すのがコツ

コートの向こう側に正確に打ち返す練習

コートの向こう側に正確に打ち返す練習

ある程度、基本をマスターしたところで、ラリーにチャレンジ。テニスもそうですが、テニスコートの半分の広さとはいえ、コートの中を走り回る運動量はかなりのもの。

コツがつかめてくると楽しい!

コツがつかめてくると楽しい!

パデルの試合はダブルスで行われる

パデルの試合はダブルスで行われる

今回は約1時間のレッスンでしたが、パデルのおもしろさを十分に知ることができました。テニスほどハードではなく、コツをつかむのも簡単なので初めての方でも楽しめますよ!

パデルはスペインでは、サッカーに次いで競技人口の多い人気のスポーツだそう。日本でもこれからパデルブームが来る予感。そのおもしろさは、身をもって体験したので間違いありません!

所沢フットサルパークでは月に数回、一人500円のワンコインで体験できる特別レッスンもやっているそうなので、パデルを体験してみてはいかがでしょうか? ちなみに日本ではまだまだ競技人口が少ないので、実力をつければ日本代表になれるチャンスもあるとかないとか(笑)。

なお通常のレッスンでは、レッスン料一人500円に加えてコート代金もかかります。2016年9月現在のパデルコート利用料は以下のようになります。

平日 土日祝日
12:00~18:00 18:00~25:00 9:00~25:00
2,000円/1h1面 4,000円/1h1面 4,000円/1h1面

 

所沢航空記念公園でクールダウン

パデルを楽しんだあとは、近くにある所沢航空記念公園に行ってみました。ここは、日本で初めて飛行場ができた場所だそうで、日本の航空発祥の地として所沢航空発祥記念館などもあります。

本物の飛行機も展示されていた

本物の飛行機も展示されていた

代々木公園に匹敵するほどの広大な敷地内には、スポーツ施設や野外ステージもあります。

▼所沢航空記念公園
URL:http://www.parks.or.jp/tokorozawa-kokuu/
住所:埼玉県所沢市並木1−13
tel:04-2998-4388

都内から所沢へのアクセスはクルマが便利!

実際に所沢まで行ってみると、あらためてクルマで行くのが便利だと実感しました。交通の便から考えてもそうですが、友達とのドライブは楽しいですし、いろいろなところに立ち寄れるのもいいですよね。池袋~所沢のように片道1時間程度なら、今回のようにちょっとスポーツをしたり寄り道をしても、距離料金がかからない6時間パックでおトクに楽しむこともできます。クルマは行動範囲を広げてくれますね。

みんなでおでかけするならクルマが便利で楽しい!

みんなでおでかけするならクルマが便利で楽しい!

編集部に戻って「パデル、楽しかったです!」と報告したら、「そうでしょう。だって私がハマってるスポーツだもの」と編集長。どこまでもうわ手の編集長から、次はどんな指令が飛び出すのやら。

所沢フットサルパークから嬉しいお知らせ

今回、取材に協力していただいた所沢フットサルパークさんから、カレコ会員限定のうれしい特典をご用意いただきました。

ご利用時に受付で「カレコブログを見ました」と伝え、カレコアプリの「会員証」ページもしくは会員ページログイン後のトップ画面をご提示いただくと、パデルコート利用時のご利用人数分のラケット、シューズのレンタル料金が無料に!(通常 ラケット1本250円、シューズ1足300円)2016年11月末までの特別キャンペーンです。なお、パデルコートのご利用は、事前予約が必要です。予約時に備考欄に「カレコブログ」とご記載いただくとスムーズです。

ぜひこの機会にパデルにチャレンジしてください。

おトクな入会キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。