利用アイデア

泊まりがけのお出かけでも便利!カレコで夏休みを楽しもう

帰省に旅行、アウトドアなど、夏休みはクルマを長時間使いたいイベントも多いですよね。カレコは1泊、2泊でもおトクに利用できるのをご存知ですか?

今回は、長時間利用がおすすめのシーンを紹介するとともに、知っておきたいポイントについても紹介します。

こんな時にもカレコでOK!

カレコでは、最大72時間(3日間)までケータイ・スマートフォン、パソコンから予約できます。72時間を超える場合は、サポートセンターにご連絡ください。

夏休みの帰省に

クルマでのんびり帰省するのも楽しい

クルマでのんびり帰省するのも楽しい

毎年、お盆の時期には実家に帰省するという方も多いですよね。しかし、小さいお子さんがいる場合や荷物が多い場合、電車などの公共交通機関で移動するのはストレスがたまるもの。クルマなら、道中で歌ったりゲームをしたり周りを気にせず楽しめます。待ち時間や乗り換えの必要もないので、長時間の移動でも、お子さまも親御さんもリラックスできます。

また、帰省先でもクルマがあると便利!家族や親戚と一緒にお出かけするときだけでなく、ちょっとした買い出しや用事にもクルマがあると重宝します。

家族や友達との旅行・レジャーに

夏らしい遊びをしよう!

夏らしい遊びをしよう!

夏休みに家族や友達と旅行やレジャーの計画を立てているという方にもカレコがオススメ。クルマの旅行の最大のメリットは、電車や飛行機と違って時間を気にせず、自由に行動できることです。途中でいろいろなところに立ち寄ることもできますし、電車では行きにくい穴場スポットを見つけられるかもしれません。

高速道路のサービスエリアも個性的な施設が増えてきており、その土地の名物を食べたり、素晴らしい風景を見てリラックスすることができます。

友達と旅行に行く時は、友達の家まで送り迎えできるのもいいですね。荷物が多い時には特に喜ばれます。

キャンプなどのアウトドアに

キャンプも楽しい季節です。クルマで出かけてキャンプで1泊、という時もカレコがおすすめです。必要な道具が多いキャンプはクルマで運搬できると楽ですね。初心者でも気楽に楽しめる設備が整ったキャンプ場も多いですから、目的に合わせて探してみましょう。

キャンプの楽しみ方については、以下の記事を参考にしてください。

【カレコ×キャンプ】この夏休みはキャンプを楽しもう!

キャンプでなくても、大勢でバーベキューを楽しむときには、食べ物や飲み物などをたくさん積み込めるクルマがあると便利です。

大人の合宿に

場所を変えて練習や仕事に励む大人の合宿

場所を変えて練習や仕事に励む大人の合宿

野球、音楽など、趣味の活動で合宿するのにもクルマが便利です。以前、インタビューに登場いただいた若田さんも、会社の草野球チームの合宿で、カレコのクルマをご利用されていることをお話いただきました。

冬用タイヤで帰省も!共働き子育て夫婦のカレコ活用術:会員インタビュー「私のカレコライフ」vol.9

また、社員旅行が下火になる一方で、IT系の企業では合宿で集中してシステム開発をしたり、企画を考えるという会社も増えています。こうした仕事の合宿でもクルマがあると便利です。

お子さまとのお出かけに便利な「チャイルドシート」「ジュニアシート」

「三井のリハウス」都内12店舗でもチャイルドシートを借りられるようになりました

「三井のリハウス」都内12店舗でもチャイルドシートを借りられるようになりました

カレコの全車両には4〜10歳くらいまでのお子さまが利用できる「ジュニアシート」が搭載されています。

また、一部の車両には、0〜4歳くらいまでの乳幼児が利用できる「チャイルドシート」を搭載しています。

チャイルドシートは、以前よりカレコ恵比寿本社で無料貸出していましたが、これに加えて、東京23区内の「三井のリハウス」12店舗にて無料貸出サービスを開始しました。

チャイルドシートの貸出を実施している「三井のリハウス」の店舗一覧およびチャイルドシート常設車両一覧については、以下をご確認ください。

カレコなら子どもがいても安心!

長時間の利用料金は?

カレコなら、長時間の利用もレンタカーと比べてとてもおトクに設定されています。その理由の1つがレンタカーの場合、免責補償費などが利用料金とは別に必要ですが、カレコの場合は利用料金に含まれていることです。

例えば、72時間プリウスを借りて400㎞走行した場合、以下のような計算になります。

  • カレコ:24,900円(8,300円×3日間)+距離料金4,000円(10円×400㎞)=28,900円
  • レンタカーA社:31,320円(11,880円+9,720円×2日間)+免責補償費3,240円(1,080円×3日間)+ガソリン代(2,800円(※))=37,360円
  • レンタカーB社:32,940円(12,420円+10,260円×2日間)+免責補償費3,240円(1,080円×3日間)+ガソリン代(2,800円(※))=38,980円

※ガソリン代は1リットル140円、燃費は1リットル当たり20㎞として計算

3日間利用の料金比較(プリウス)

3日間利用の料金比較(プリウス)

プリウスを72時間予約した場合、カレコで借りたほうが、レンタカーよりも1万円弱おトクになります。

長時間利用のポイントと注意点

最後に長時間利用の注意点、ポイントと注意点を紹介しましょう。

予約は早めに。2か月前からの予約が可能

夏休みは予約が混み合うので、予定が決まったら早めに予約をとっておきましょう。カレコは2か月先までの予約が可能なので、今からならシルバーウィーク(9月の5連休)もご予約いただけます。

ガソリンは給油カードで補充

ガソリンの残量が2分の1を切ったら、クルマに設置されている給油カードで給油をお願いいたします。

特に、高速道路に入る前などは、エンストにならないようにガソリンスタンドに寄ってガソリンを給油しておきましょう。

給油カードを使えばガソリン代の立替が不要!

給油カードを使えばガソリン代の立替が不要!

利用後はきちんとお掃除

利用時間の長さに関係なく、カレコでは利用後の清掃をお願いしています。次の方が気持ちよく利用できるよう、クルマに常備されているお掃除セットを使って、きれいにしておきましょう。

またドライブの途中で出たゴミは必ずお持ち帰りください。

長時間の運転は注意。2時間に1回は休憩を入れよう

長時間の運転は、運転手の負担になります。疲れを感じなくても、2時間に1回は休憩を入れるようにして、安全運転でドライブしましょう。

まとめ:夏休みをカレコでもっと楽しもう

夏休みの予定を立てるときは、ぜひカレコを使った計画を検討してみてください。おトクで便利に使えるだけでなく、楽しい夏休みの思い出を作れますよ。

おトクな入会キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。