クルマ・サービス

コンパクトカーからミニバン、SUVも! カレコの「クルマの選び方」2021秋冬【前編】

軽自動車、コンパクトカー、SUV、ミニバン、スポーツカー、オープンカー、輸入車……と、豊富な車種ラインアップを特徴とする、カレコ。利用シーンに応じてクルマを選べるのは大きなメリットである一方、「どれを選べばいいのかわからない」という方もいるようです。そこで、シチュエーション別に最適な車種やおすすめの車両タイプを前後編に分けて紹介します。

前編の今回は、コンパクトサイズのクルマを中心に、ハッチバックやステーションワゴンも紹介します。

<目次>
■前編
小回り抜群! 街乗りならコンパクトカー
小さくても積載性抜群のコンパクトワゴン
質感高い走りが魅力のミドルサイズハッチバック
走りと使い勝手を両立するステーションワゴン
小さくても実力は本格派!コンパクトSUV
クルマを選んでさらに楽しく!

■後編(11月4日公開予定)
・日常からアウトドアまでマルチに活躍!ミドルクラスSUV
・小さくても7人乗れる!コンパクトミニバン
・運転しやすさと広い室内を両立したミドルクラスミニバン
・ラージサイズのミニバン/ワゴンならさらにゆったり!
・運転を楽しむならスポーツ&オープンカーで!
・先進の電気自動車や燃料電池車にも乗れる!
・シーンに合わせてクルマを選んでさらに楽しく!

■小回り抜群! 街乗りならコンパクトカー

複数車線の道路や狭い路地が多い都市部では、コンパクトカーが便利です。小さなボディはすれ違いや駐車もしやすく、小回りも効くため転回も容易です。最近ではコンパクトカーといえども車内は広く、安全装備や機能装備も充実していて、少人数ならドライブ旅行も快適です。

●トヨタ「ヤリス」

トヨタ「ヤリス」
トヨタ「ヤリス」

「ヴィッツ」の新型モデルとして2020年に登場した、トヨタの新しいコンパクトカー「ヤリス」。「ヴィッツ」が持つ使い勝手のよさはそのままに、「走り」のよさがプラスされた人気モデルで、運転好きからも高い評価を得ています。画面の大きなカーナビも使い勝手バツグン。

>>>「ヤリス」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-yaris/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15583/

●トヨタ「ヴィッツ」

トヨタ「ヴィッツ」
トヨタ「ヴィッツ」

トヨタのコンパクトカーで、親しみやすい使い勝手のよさが特徴。操作もシンプルなため、初めて乗っても使いやすく、小回りもよく利くのでどんな方でも乗りやすいクルマです。「ヤリス」が登場する以前の少し古いモデルとはいえ、安全装備が充実しているのも嬉しいポイント。特にカレコを初めて利用される方におすすめです。

>>>「ヴィッツ」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-vitz/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15005/#vitz

●トヨタ「アクア HYBRID」

トヨタ「アクア HYBRID」
トヨタ「アクア HYBRID」

エンジンと電気モーターの組み合わせで、力強い走りと低燃費を両立したハイブリッドシステムを搭載することが最大の特徴。コンパクトながら「ヴィッツ」よりも全長が長く取られ、後席の足元も広く快適なことも注目ポイントのひとつです。2021年10月現在、名古屋市の「リパーク名駅第15」ステーションに設置。

>>>「アクア HYBRID」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-aqua-hybrid/

●ニッサン「ノート」「ノートe-power」

ニッサン「ノート」
ニッサン「ノート」
ニッサン「ノートe-power」
ニッサン「ノートe-power」

「ヤリス」とそれほど変わらないサイズながら、ゆったりした後席を持つ「ノート」。街中の移動からロングドライブまで、どんなシーンにも幅広く対応するバランスのいいクルマです。「ノートe-power」は、エンジンで発電し電気で走る新型モデルで、よりパワフルで上質な走りを感じられます。

>>>「ノート」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/nissan-new-note/

>>>「ノートe-power」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/nissan-note-ep/

>>>「ノート」の詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15005/#note

>>>「ノートe-power」の詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/17916/

■小さくても積載性抜群のコンパクトワゴン

コンパクトカーと同等のボディサイズながら、背を高くすることで室内空間を広くしたコンパクトワゴンは、荷物がたくさん載せられるだけでなく、後席の空間が広いという魅力も。大人4人が乗っても快適です。

●トヨタ「タンク」「ルーミー」

トヨタ「ルーミー」
トヨタ「ルーミー」
トヨタ「タンク」
トヨタ「タンク」

コンパクトなのにミニバンのようなゆったりした室内空間と、街中の狭い道でもスイスイ走れる取り回しのよさが魅力。後席も広く、ミドルクラスミニバンのような空間が広がります。また後席を床下に収納すれば、大きな荷物も載せられる広大な荷物が出現。大きな窓のおかげで視界がよく、安全確認がしやすいだけでなく、車両感覚もつかみやすくなっています。

>>>「タンク」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-tank/

>>>「ルーミー」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-roomy/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15005/#tank

●ホンダ「N-BOX」

ホンダ「N-BOX」
ホンダ「N-BOX」

四角く背の高いボディに広い室内空間を持つ、スーパーハイトワゴンと呼ばれる軽自動車が「N-BOX(エヌボックス」です。車幅が小さいことを除けば、軽自動車であることを感じさせない質感の高い内外装や走りの快適性も特徴で、日々の送迎や買い物から荷物の運搬、ドライブまで幅広く活躍してくれます。

>>>「N-BOX」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/honda-nbox/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15005/#nbox

■質感高い走りが魅力のミドルサイズハッチバック

コンパクトカーの軽快な走りに加え、ゆったりした室内空間を持つことで、日々の暮らしから長距離ドライブまで幅広く活躍するのは、ミドルサイズのハッチバック。特に走りを重視したクルマも多く、運転好きな人にぜひ乗っていただきたいタイプです。

●マツダ「MAZDA3 FASTBACK」

マツダ「MAZDA3 FASTBACK」
マツダ「MAZDA3 FASTBACK」

「アクセラ」の新型として登場した「MAZDA3 FASTBACK」。スポーティなデザインと走り、上質なインテリアを持つ、ワンランク上のハッチバック。そのデザインからもわかるように走りもスポーティで、高速道路や峠道も軽快に走ります。大きなリアゲートのおかげで、荷物の積み下ろしも楽々です。

「MAZDA3 FASTBACK」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/mazda-mazda3/

詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/17590/

●メルセデス・ベンツ「B180」「B180 AMGライン」 

メルセデス・ベンツ「B180 AMGライン」
メルセデス・ベンツ「B180 AMGライン」

背高スタイルが特徴的でコンパクトなメルセデス・ベンツ、「Bクラス」。カレコでは、ガソリンターボエンジン搭載する「B180」と、内外装をスポーティに仕立てた「B180 AMGライン」をラインアップしています。コンパクトとはいえ、メルセデス・ベンツらしい上質さや走りのよさは健在で、アクセルを踏み込んだときの加速も強力。背高スタイルのため室内は広々としていて、ファミリーでのお出かけにおすすめです。

>>>「B180」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/mercedes-benz-B-class/

>>>「B180 AMGライン」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/mercedes-benz-B-AMG/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/16006/

■走りと使い勝手を両立するステーションワゴン

ハッチバック車の荷室をさらに広くしたようなタイプが、ステーションワゴンです。現在はSUVの人気が高くなっていますが、ステーションワゴンの使い勝手の高さは決してSUVに劣らず。SUVよりも車体の重心が低いため、より安定感がありスポーティな走りも楽しめます。

●スバル「レヴォーグ」

スバル「レヴォーグ」
スバル「レヴォーグ」

「レヴォーグ」は、ターボエンジンとAWD(4WD)の組み合わせによる力強く安定感のある走りが魅力のステーションワゴン。室内は窓が大きいこともあって開放感も抜群で、前後席ともにゆったりと座れるため、長距離ドライブでも高い快適性を実現。ステーションワゴンなので荷室も広く、買い物や旅行、ゴルフにも最適の1台です。スバル独自の運転支援システム「アイサイトX」も搭載しています。

>>>「レヴォーグ」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/subaru-levorg/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/17664/

■小さくても実力は本格派!コンパクトSUV

アウトドアニーズにも対応する使い勝手の高さで人気のSUV。これまでは「ハリアー」のような中大型サイズが主流でしたが、最近では「ヴィッツ」や「ヤリス」のようなコンパクトカー感覚で乗れる身近なサイズのクルマもラインアップされています。

●トヨタ「ライズ」

トヨタ「ライズ」
トヨタ「ライズ」

「ライズ」は、同じトヨタのコンパクトカーである「ヴィッツ」や「ヤリス」とほぼ同サイズのコンパクトなSUV。車高が10cmほど高いおかげで、運転席からの視界や見晴らしがよく、運転しやすい1台です。1.0Lエンジンはターボつきのため、「ヴィッツ」や「ヤリス」より走りが力強いのも特徴。気軽にSUVの雰囲気をお楽しみいただけます。

>>>「ライズ」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-raize/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15708/

●トヨタ「ヤリスクロス」

トヨタ「ヤリスクロス」
トヨタ「ヤリスクロス」

「ライズ」と「C-HR」の中間サイズとなる「ヤリスクロス」。名前の通り「ヤリス」のSUV版で、使い勝手や走りの質感、安全装備などはヤリス譲り。SUVらしく後席や荷室が広く取られていることから、ゆったりした「ヤリス」としてもお使いいただけます。「ライズ」とともに、日常生活から長距離のドライブまでこなすマルチな1台です。

>>>「ヤリスクロス」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-yariscross/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/16530/

●トヨタ「C-HR」「C-HR HYBRID」

トヨタ「C-HR」
トヨタ「C-HR」

コンパクトSUVの中でもスポーティなデザインと走りを特徴とする「C-HR」。パワフルなおかげで運転も楽しく、いつものお出かけがちょっと楽しくなります。カレコでは多くの台数を設置しており、またベーシック料金で利用できるので、気軽にお使いいただけます。一部ステーションにはハイブリッド車を設置。ただし、後席はあまり広くないので、4~5人でお出かけのときはミドルクラスSUVがおすすめです。

>>>「C-HR」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-chr/

>>>「C-HR HYBRID」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-chr-hybrid/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/8392/

●ホンダ「ヴェゼル HYBRID」「新型ヴェゼル e:HEV」

ホンダ「ヴェゼル HYBRID」
ホンダ「ヴェゼル HYBRID」
ホンダ「新型ヴェゼル e:HEV」
ホンダ「新型ヴェゼル e:HEV」

「ヤリスクロス」よりも少し大きく、「C-HR」と似たサイズ感の「ヴェゼル」。カレコでは、福岡エリアに「ヴェゼル HYBRID」と「新型ヴェゼル e:HEV」を設置しています。スポーティな雰囲気ながら、大人4名が無理なく座れる広い室内が魅力の1台で、多彩なシートアレンジにより使い勝手も良好。アクティブな趣味にもピッタリのクルマです。

>>>「ヴェゼル HYBRID」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/honda-vezelhybridx/

>>>「新型ヴェゼル e:HEV」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/honda-vezel-ehev/

>>>「ヴェゼル HYBRID」の詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/15928/

●レクサス「UX」

レクサス「UX」
レクサス「UX」

レクサス「UX」は、レクサスの中でもっともコンパクトなSUV。ボディサイズは「C-HR」に近く、都内の狭い道でも運転しやすいサイズです。コンパクトとはいえ、そこはレクサス。外観はレクサスらしく、インテリアも上質でエレガントな雰囲気で、気軽にレクサスの世界を体験できます。エンジンはパワフルな2.0Lガソリン。少人数での特別なドライブにピッタリの1台です。

>>>「UX」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/lexus-ux/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/17427/

●スズキ「ハスラー HYBRID」

スズキ「ハスラー HYBRID」
スズキ「ハスラー HYBRID」

トールワゴンとSUVの特徴をあわせ持った軽自動車のクロスオーバーSUV。背が高く四角いボディは、ポップなデザインも特徴です。ボディが四角いだけに室内空間も広く、後席の足元は「ヴィッツ」などよりも広々。また、四角いボディは車両感覚がつかみやすく、運転が苦手な方でも運転しやすいクルマだといえるでしょう。

>>>「ハスラー HYBRID」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/suzuki-hustler/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/16530/

●スズキ「ジムニー」

スズキ「ジムニー」
スズキ「ジムニー」

軽自動車で唯一の本格的なオフロード4WDが、スズキ「ジムニー」。四角いボディに16インチホイールの大きなタイヤが装着されて車高も高く、外観からもオフロード走破性の高さを感じることができます。後席や荷室が狭く、2ドアであることもあって、2名乗車での利用がベター。でも、四角いボディと目線の高い見晴らしのいい運転席のおかげで、車両感覚はつかみやすく、運転しやすい条件が揃っています。

>>>「ジムニー」のあるステーション
https://www.careco.jp/car/suzuki-jimny/

>>>詳しい解説はこちら
https://blog.careco.jp/16853/#jimny

■クルマを選んでさらに楽しく!

前編では、コンパクトサイズのクルマを中心にご紹介しました。街乗りやちょっとしたお出かけにも便利なカレコで充実したカーライフをお楽しみください。来週公開の後編では、SUVやミニバン、スポーツカーなどを紹介します。

>>>利用料金について詳しくはこちら
https://www.careco.jp/plan/

>>>入会方法はこちらから
https://www.careco.jp/cp/lp3/

>>>どんな使い方ができる? レンタカーとの違いは? カーシェアの基本をおさらい
https://blog.careco.jp/17064/

>>>スマートキーにパーキングブレーキ…知っておきたいクルマの「基本の操作」を紹介
https://blog.careco.jp/15130/

<最新情報はカレコ公式SNSで>
FacebookTwitterInstagramLINE

記事内容は公開時のものです。変更になる場合があります。