おすすめドライブ

クルマ好きの定番「宮ヶ瀬湖」へ! 自然豊かなスポットを楽しむ観光ドライブ

神奈川県相模原市にある宮ヶ瀬湖は、クルマやバイク、自転車などツーリングの目的地として、クルマ好きの定番スポットです。今回のドライブは、都心や横浜方面からも交通の便が良く、気軽に訪れることができると人気の宮ヶ瀬エリアへ。観光放流で有名な宮ヶ瀬ダムとその周辺のおすすめスポットを巡るドライブに行ってきました。

<目次>
都心や横浜からもアクセスが良い宮ヶ瀬ダム
ダムまでの道のりも楽しめる遊歩道
観光放流が人気! 迫力の宮ヶ瀬ダム
宮ヶ瀬ダム近くの服部牧場で濃厚ジェラートを堪能
クルマ好きの定番ランチスポット「オレンジツリー」
宮ヶ瀬湖畔エリアで体を動かしてリフレッシュ
「オギノパン」で名物のあげぱんと丹沢あんぱんを購入
今回のドライブに利用したクルマ:ホンダ 「S660」

都心や横浜からもアクセスが良い宮ヶ瀬ダム

今回の出発地は「新宿サブナード(地下駐車場)」ステーションです。新宿からは首都高速4号新宿線で中央道を経由し、八王子ジャンクションへ。圏央道の相模原インターチェンジを使います。横浜方面から出発する場合は、東名高速道路を利用し厚木インターチェンジからと伊勢原ジャンクションから圏央道を経由して、同じく相模原インターチェンジから行くことができます。

圏央道・相模原インターチェンジを降りるとすぐに1車線になるので、スピードの出しすぎには注意
圏央道・相模原インターチェンジを降りるとすぐに1車線になるので、スピードの出しすぎには注意

まずは、宮ヶ瀬ダムの迫力を楽しむため、「神奈川県立あいかわ公園」を目指します。圏央道・相模原インターチェンジを降りて県道510号を通り、県道513号から国道412号を経由して20分ほどで到着です。

この日は中央広場に隣接する南駐車場を利用。南駐車場には普通車461台分の駐車スペースがある
この日は中央広場に隣接する南駐車場を利用。南駐車場には普通車461台分の駐車スペースがある

「神奈川県立あいかわ公園」は山の斜面を利用した自然観察林と中央広場やパークセンターなどが広がるエリアがあります。子どものアスレチックや遊び場も充実しているので1日たっぷり満喫できるレジャースポットとして家族連れにも人気です。

▼神奈川県立あいかわ公園
住所:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423
駐車場:あり(平日は無料)
URL:https://www.okutama.gr.jp/site/sightseeing/
※利用時間や料金などの詳細はHPでご確認ください。

ダムまでの道のりも楽しめる遊歩道

今回の目的地の一つ、宮ヶ瀬ダムに向かいます。遊歩道を歩いていると、最初に「石小屋ダム」が出迎えてくれました。宮ヶ瀬ダムに行くには「神奈川県立あいかわ公園」の中央広場から15分ほど並木道を歩きます。

宮ヶ瀬ダムに向かう遊歩道で最初に目にする「石小屋ダム」。石を積み上げた、なだらかな作りが優美
宮ヶ瀬ダムに向かう遊歩道で最初に目にする「石小屋ダム」。石を積み上げた、なだらかな作りが優美

「石小屋ダム」は宮ヶ瀬ダムの副ダムで宮ヶ瀬ダムの放流水の勢いを弱めたり、水位を確保したりするために調整を担うダムです。重力式コンクリートダムのため、なだらかな斜面が優美な雰囲気を見せてくれます。

遊歩道の途中、新小屋橋を渡ると左手に「大沢の滝」という滝があります。その橋を過ぎるといよいよ、宮ヶ瀬ダムの真下に到着です。

宮ヶ瀬ダムに向かう途中の、新小屋橋の下には、大沢の滝という滝が見える
宮ヶ瀬ダムに向かう途中の、新小屋橋の下には、大沢の滝という滝が見える

観光放流が人気! 迫力の宮ヶ瀬ダム

遊歩道を歩くこと15分、宮ヶ瀬ダムに到着しました。ダムの幅は約375m、高さ156mは東京タワーの展望台とほぼ同じ高さで、広さ約4.6㎢は東京ドームの約100個分もある大迫力の宮ヶ瀬ダム。

宮ヶ瀬ダムの大きさがくわしく書かれている看板。水の量は箱根にある芦ノ湖と同じ
宮ヶ瀬ダムの大きさがくわしく書かれている看板。水の量は箱根にある芦ノ湖と同じ
迫力で雄大な大きさを見せる宮ヶ瀬ダム。観光放流で勢いよく放流する姿が見られる
迫力で雄大な大きさを見せる宮ヶ瀬ダム。観光放流で勢いよく放流する姿が見られる

宮ヶ瀬ダムは観光放流として、ダムから勢いよく水が放流されるのを間近で見られると有名ですが、残念ながら取材時はコロナ禍ということで放流を中止していました。

コロナ禍で休止中だが、ダム左側にはインクラインという斜めに昇降する乗り物があり、ダムの大きさを実感できる
コロナ禍で休止中だが、ダム左側にはインクラインという斜めに昇降する乗り物があり、ダムの大きさを実感できる

インクラインと呼ばれるダムの側壁を登る昇降設備では、宮ヶ瀬ダムを下から上まで隈なく楽しめます。現在はコロナ禍のため中止になっているので、観光放流とともに再開される日が待ち遠しいです。

宮ヶ瀬ダム近くの服部牧場で濃厚ジェラートを堪能

宮ヶ瀬ダムまでの散策を楽しんだら車に戻り、すぐ近所にある服部牧場に行ってみました。広大な敷地の中で羊が遊んでいたり、牛が放牧されていたり、クルマを降りた瞬間から動物を見ることができ、テンションも上がります。

近い距離で動物を見ることができる。この時は牧羊犬が羊を追い込むパフォーマンスが見られた
近い距離で動物を見ることができる。この時は牧羊犬が羊を追い込むパフォーマンスが見られた
駐車料金は無料。 駐車場からは牛の姿を見ることができる
駐車料金は無料。 駐車場からは牛の姿を見ることができる

牧場の施設の中にアイス工房「CASALINGA」があります。牧場で生産された新鮮な牛乳と最高級生クリームを使用した、イタリアンジェラートが特に人気だとか。レギュラーで10種類ほどの季節限定のジェラートがあるので、組み合わせをどれにしようか悩みましたが、一番人気のリッチミルクといちごミルクのダブルを注文。

せっかくなので、屋外のベンチでゆっくりいただきました。他にも、ソフトクリーム450円、ジェラートシングル450円、ジェラートダブル780円とメニューも充実しています。

リッチミルクといちごミルクのイタリアンジェラートのダブル780円(税込み)
リッチミルクといちごミルクのイタリアンジェラートのダブル780円(税込み)

アイス工房の他には、ソーセージ工房「Metzgeri Hattori(メッツゲライ・ハットリ)」でソーセージやホットドック、軽食も販売されています。牛の乳搾りなど牧場ならではの経験もできるので、子どもから大人まで食べて・体験して楽しめるスポットです。

クルマ好きの定番ランチスポット「オレンジツリー」

宮ヶ瀬の湖畔エリアの反対側にある鳥居浜エリアには湖畔庭園があります。湖畔エリアと鳥居浜エリアを結ぶ道すがらあるのが、森のカフェレストラン「オレンジツリー」。木々が生い茂るなかに、ログハウスがあり静かでゆったりできるお店です。

木々の中にあるカフェレストラン「オレンジツリー」。ログハウスの建物なのですぐに見つけられる
木々の中にあるカフェレストラン「オレンジツリー」。ログハウスの建物なのですぐに見つけられる

カフェメニューもありますが、お肉料理のデミグラスハンバーグや鶏肉のコンフィなどのメニューも魅力的。この日は、お腹がすいていたので、お肉料理をオーダーしました。細かくミンチにされたお肉がぎっしりと詰まったハンバーグは食べ応え十分で、セットで付いてくるパンにソースを絡めて食べるのもとてもおいしかったです。まったりと過ごす時間は心にも余裕をもたらしてくれ、「いつまでものんびりしたい」そんな気持ちにさせてくれました。

「デミグラスハンバーグ」ドリンクセット1,600円(税込み)。鶏肉のコンフィやガーリックハンバーグなども人気メニュー
「デミグラスハンバーグ」ドリンクセット1,600円(税込み)。鶏肉のコンフィやガーリックハンバーグなども人気メニュー
窓際席は少ないが、座れると外のクルマを眺めることも。テラス席もあり外での食事も楽しめる
窓際席は少ないが、座れると外のクルマを眺めることも。テラス席もあり外での食事も楽しめる

「オレンジツリー」の地下には自動車のイラスト作家として有名なBOW氏のギャラリーがあります。おいしい食事に加え、BOW氏の作品を鑑賞できるとクルマ好きに人気のランチスポットです。

▼森のカフェレストラン「オレンジツリー」
住所:神奈川県相模原市緑区鳥屋1738-14
駐車場:あり(無料)
定休日:月曜日

宮ヶ瀬湖畔エリアで体を動かしてリフレッシュ

お腹も満たしたところで、次は宮ヶ瀬湖畔へと向かいます。宮ヶ瀬のメインスポットと言える湖畔エリアには、飲食店が多く並ぶ「水の郷第一駐車場(普通車240台)」と少し離れた「小中沢駐車場(普通車334台)」があります。どちらも30分以内無料、2時間まで300円、2時間越え500円。小中沢駐車場は平日無料で利用できるので、クルマのオフ会やイベントにも貸し出されています。

小中沢駐車場は商店街までは少し歩くがゆったり停められる
小中沢駐車場は商店街までは少し歩くがゆったり停められる

そんな湖畔エリアからけやき広場を見下ろすと、広大な芝生広場が一面に広がっているのが見えます。階段を降りると、大きなもみの木が植えられていて、冬にはクリスマスツリーとして彩る公園のシンボル的な存在です。

水の郷エリアから公園を見ると広大な広場があり、スロープも設置。大階段には大きなツリーの絵が描かれている
水の郷エリアから公園を見ると広大な広場があり、スロープも設置。大階段には大きなツリーの絵が描かれている

園内には、じゃぶじゃぶ池や大噴水、水の郷大つり橋などもあり、ゆっくり観光することができます。グラウンド・ゴルフやこどもひろばのアスレチック道具、さらに珍しいグラススライダーを体験できる場所も。グラススライダーは残念ながらコロナ禍でお休みでしたが、再開した際にはぜひ体験してみたいものです。

全長83メートル、最大斜度20度。宮ヶ瀬湖に向かう景色が楽しめるグラススライダー
全長83メートル、最大斜度20度。宮ヶ瀬湖に向かう景色が楽しめるグラススライダー

▼宮ヶ瀬湖
住所:東京都西多摩郡奥多摩町川野
駐車場:あり(峰谷橋無料駐車場を利用)
URL:https://www.miyagase.or.jp/publics/index/20/

「オギノパン」で名物のあげぱんと丹沢あんぱんを購入

帰り際、宮ヶ瀬周辺で有名なオギノパンに立ち寄りました。店内には種類豊富でおいしそうなパンがずらり。定番の揚げたてのあげぱんとガーリックフランスの香りに誘惑されこの二つを最初に購入。あげパンは、外はサクッとした食感で中はふわふわ、砂糖がたっぷりかかった甘さはどこか懐かしい味でした。

左:「ガーリックフランス」151円(税込み)。右:「あげぱん」120円(税込み)。揚げたてをすぐに食べるのがおすすめ
左:「ガーリックフランス」151円(税込み)。右:「あげぱん」120円(税込み)。揚げたてをすぐに食べるのがおすすめ

丹沢あんぱんは、定番の9種類のほかに季節商品が3種類程度販売されているようです。

丹沢あんぱんは1個150円(税込み)。季節限定も見逃せない
丹沢あんぱんは1個150円(税込み)。季節限定も見逃せない

宮ヶ瀬ダムの観光にはじまり、牧場見学、おいしいランチ、宮ヶ瀬湖畔での自然散策とお腹も心も満たされた1日となりました。都心からも1時間半から2時間程度で、いつでも気軽に行ける秋の宮ヶ瀬エリアドライブ。週末リフレッシュしたい、そんな日におすすめのドライブルートです。

今回のドライブに利用したクルマ:ホンダ 「S660」

残念ながら生産が終了してしまったホンダ「S660」は、ホンダの最高峰スポーツカー「NSX」などと同じく、クルマの真ん中にエンジンを搭載するミッドシップ方式を採用し、軽快なスポーツ走行が楽しめます。

ルーフを外すとタルガトップのスタイルになり、オープンエアを楽しめる
ルーフを外すとタルガトップのスタイルになり、オープンエアを楽しめる

ゴーカート感覚と呼ばれるほど、クイックなハンドリングなどは、宮ヶ瀬のようなプチワインディンを走るにはもってこいのクルマです。オープンにして外の空気を感じられるのも魅力。カレコの車種クラスは「プレミアム」です。

<今回のドライブのカーシェア料金>
・車種クラス:プレミアム
・プラン:プレミアム
・時間料金:9,000円(12時間パック)
・距離料金:2,520円(18円×140km)
合計:11,520円

<関連記事>
>>>自由研究にも!「JAXA相模原キャンパス」で最新の宇宙科学技術を学ぼう

>>>「三浦半島」周遊ドライブで海の景色とグルメを楽しむ

>>>運転好き注目!「道志みち」で山中湖へ、走りを楽しむドライブ

>>>その他、神奈川県のおすすめスポットはこちら

<カレコについて>
>>>ご利用の流れ

>>>料金について

>>>車種ラインアップ

<最新情報はカレコ公式SNSで>
FacebookTwitterInstagramLINE

記事内容は公開時のものです。変更になる場合があります。