ドライブの知識

旅の思い出をより美しく! クルマの写真を上手に撮るテクニック

ドライブや旅行の思い出を、より鮮明に残してくれる写真。せっかく撮影するなら、クルマの写真もカッコよく撮りたいものです。

クルマの写真は、ちょっとしたポイントを頭に入れておくだけで、“ただ撮っただけ”ではない、カッコいい写真に仕上げることができます。一眼レフでもスマホも、基本のポイントは変わらないので、ぜひ参考にしてみてください。

<目次>
基本の構図は「7:3」
垂直と水平を意識する
+αの工夫でさらにカッコよく
より美しい写真にするために
インテリアの写真は日陰で撮る
少しの工夫で写真はもっとカッコよくなる

基本の構図は「7:3」

クルマ撮影のもっとも基本的な構図を、まずは覚えておきましょう。それは「7:3」です。“ナナサン”とも呼ばれるこの構図は、車体のサイドが7、フロントが3の割合になるように写すもの。自動車雑誌や自動車カタログでも、この構図が基本となっています。

 車体のサイドが7、フロントが3の割合が基本の構図
車体のサイドが7、フロントが3の割合が基本の構図

このときに注意したいのが、「被写体との距離」「水平・垂直」「目線の高さ」です。

「被写体との距離」は、カメラの位置から被写体であるクルマまでの距離。あまり近づきすぎると、レンズの歪みによって、クルマがカッコよく写らなくなってしまいます。

 被写体に近づきすぎると歪みが出て不格好になってしまう
被写体に近づきすぎると歪みが出て不格好になってしまう

垂直と水平を意識する

次の「水平・垂直」は、地面や周囲の建物などの何かが「水平」もしくは「垂直」になっていることがポイントとなります。たとえば、下の写真は右後方に写っている街灯を、垂直に合わせて写しています。

 右に写る街灯が「垂直」になっている
右に写る街灯が「垂直」になっている

さらに下の写真を見てください。同じ場所から同じように撮影しても、水平・垂直がどこにも合っていないと、違和感のある写真になってしまうことがわかります。

 やや極端な例だが、斜めになっていると違和感があることがわかる
やや極端な例だが、斜めになっていると違和感があることがわかる

正面から写した写真だと、よりわかりやすいかもしれません。次の写真では、車体と地面の線が水平になっていないため、しっくりきませんが、水平を合わせると綺麗に収まります。

 「水平」が合っていない状態で撮影した車体正面の写真
「水平」が合っていない状態で撮影した車体正面の写真
 車体と地面を「水平」に合わせるとしっくりくる
車体と地面を「水平」に合わせるとしっくりくる

+αの工夫でさらにカッコよく

ここまでの2つが、クルマを撮影するときのもっとも基本的なポイントです。ここに、ちょっとした工夫を加えると、クルマ写真はさらにカッコよくなります。

ひとつが「目線の高さ」を変えること。たとえば、「7:3」のところでお見せした写真も、目線を低くすることでガラっと変わります。

 「7:3」の構図で、通常の目線の高さで撮影したもの
「7:3」の構図で、通常の目線の高さで撮影したもの
 低い位置から撮影すると迫力のある写真に!
低い位置から撮影すると迫力のある写真に!

また、ハンドルを切ってタイヤに角度をつけると、今にも走り出しそうな躍動感のある写真になります。

 自動車雑誌やカタログ写真でもよく使われる撮影方法
自動車雑誌やカタログ写真でもよく使われる撮影方法

この状態から、車体の前方や後方に空間を作ると、さらに雰囲気のある写真に変化します。

 前に空間を作ると、さらに走りを予感させる写真に
前に空間を作ると、さらに走りを予感させる写真に
 後方に空間を作ると、どこか余韻を感じさせる写真になる
後方に空間を作ると、どこか余韻を感じさせる写真になる

より美しい写真にするために

ここまで構図を中心にお話しをしてきましたが、細かい注意点がいくつかあります。まずは、「背景」です。

背景は、できるだけ何も映らないようにしたいもの。たとえば、先の「7:3」の写真も、後方にクルマが1台写っているだけで、途端に“日常の景色“になってしまいます。

 後ろにクルマが1台写っていることで、特別感がなくなってしまう
後ろにクルマが1台写っていることで、特別感がなくなってしまう

もうひとつ気をつけたいのは、車体への「写り込み」です。特に、黒っぽいボディカラーのクルマの場合、景色が写り込みやすいので注意。

 車体への「写り込み」にも気をつける
車体への「写り込み」にも気をつける

この「写り込み」を回避するには、写り込まないようにカメラの位置や角度を変える、あるいは写り込むものがない位置にクルマを動かします。

しかし、場所によってはどうしても避けられない場合もあるものです。そんなときは、あとから画像加工アプリなどで修正する方法もあります。

 あえて「写り込み」を生かすことでカッコよく写す上級テクニックも
あえて「写り込み」を生かすことでカッコよく写す上級テクニックも

インテリアの写真は日陰で撮る

クルマのインテリア(内装)を撮影したことがある人は、真っ暗に写ったり、白っぽくなってしまったりしたことがあるでしょう。これは露出の調整で、解消できます。でも、日差しの強い日に撮影するときは、どうしても影が……。そんなときは、屋根のある場所や日陰に移動して撮影します。

 炎天下での撮影は、日の当たるところと影になるところが出てしまう
炎天下での撮影は、日の当たるところと影になるところが出てしまう
 日陰で撮影すれば、直射や影が抑えられ、造形が綺麗に写る
日陰で撮影すれば、直射や影が抑えられ、造形が綺麗に写る

少しの工夫で写真はもっとカッコよくなる

今回、紹介したテクニックには、基本中の基本とも言えるもの。まだまだ、多くのポイントやテクニックはありますが、まずはこの基本を抑えて、ドライブや旅行の思い出をより美しく、カッコよく残してみてください。

以下は、これまでにカレコ編集部が撮影してきた写真です。こちらもぜひ、ご参考に!

>>>「車種紹介」の記事はこちら

>>>「ドライブの知識」の記事はこちら

>>>カレコ・カーシェアリングクラブ

<最新情報はカレコ公式SNSで>
FacebookTwitterInstagramLINE

  • 記事内容は公開時のものです。変更になる場合があります。