クルマ・サービス

カレコで人気の「ハリアー」に新型が登場!さらに高級&上質になった内外装に注目

高級感たっぷりの内外装に力強い走りで人気のトヨタ「ハリアー」が、6月にフルモデルチェンジして新型に。カレコでは早くもこの「新型ハリアー」を導入し、2020年8月13日現在、18台を設置しています。「新型ハリアー」は、発売後1か月で目標販売台数の約15倍※を受注したという、注目の人気車種です。人気の理由はどんなところにあるのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。※トヨタ自動車発表

<目次>
外観はよりスタイリッシュに
ゆったりした室内はまるで高級車のよう
充実の安全装備で安心してドライブできる
新しくなった「ハリアー」に乗ってみよう

外観はよりスタイリッシュに

「新型ハリアー」は、20年にわたって培われてきた「ハリアー」らしさはそのままに、「クーペSUV」のようなスタイリングになりました。「クーペSUV」とは、屋根のラインが後方に向かってなだらかに下がっていき、まるでクーペのような流麗なフォルムを持つ新しいSUVの形です。

 ボディサイズは全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm
ボディサイズは全長4,740mm×全幅1,855mm×全高1,660mm
 クーペのように流麗なデザインとなったリヤまわり
クーペのように流麗なデザインとなったリヤまわり
 切れ長のヘッドライトはLEDで明るく、安全性を高めている
切れ長のヘッドライトはLEDで明るく、安全性を高めている

カレコでは、他にもほぼ同じサイズのトヨタ「RAV4」というSUVをラインアップしていますが、「RAV4」がアウトドアテイスト満載のSUVらしいSUVであるのに対し、「新型ハリアー」は流麗さや高級感を強調した都会的なSUVとなっています

 こちらが「RAV4」。角張ったデザインでアウトドアテイストが強い
こちらが「RAV4」。角張ったデザインでアウトドアテイストが強い

ゆったりした室内はまるで高級車のよう

「ハリアー」のインテリアは、これまでも高級感や上質さが人気のポイントでしたが、それは新型になっても同じ。大きな画面のカーナビを中心に操作系はシンプルで、迷わず操作できます。

 大きな画面のカーナビを中心に操作系はシンプルで使いやすい
大きな画面のカーナビを中心に操作系はシンプルで使いやすい
 「乗馬の鞍」をイメージしたというセンターコンソールにはカップホルダーがある
「乗馬の鞍」をイメージしたというセンターコンソールにはカップホルダーがある
 レザー調の素材で高級感は抜群。ドアには歴代ハリアーに使われてきたマークが入る
レザー調の素材で高級感は抜群。ドアには歴代のハリアーに使われてきたマークが入る

ミドルクラスのSUVだけあって室内はゆったり。シートの作りもよく、疲れにくいため、大人4人での長距離ドライブも難なくこなします。後ろに座る人のためにUSBソケットやエアコンの吹き出し口があるのもうれしいところ。

 見るからにしっかりしたシートは座り心地がよく疲れにくい
見るからにしっかりしたシートは座り心地がよく、疲れにくい
 クーペSUVながら後ろの席の頭上空間は十分に広い。足元スペースも余裕があり、ゆったり乗れる
クーペSUVながら後ろの席の頭上空間は十分に広い。足元スペースも余裕があり、ゆったり乗れる
 後ろの席に座る人のために2つのUSBソケットとエアコンの吹き出し口が設置されている
後ろの席に座る人のために2つのUSBソケットとエアコンの吹き出し口が設置されている

屋根がなだらかに傾斜するデザインなことから荷室はあまり広くないように見えますが、実際のスペースは十分に広く、不足を感じることはなさそうです。シートを倒したときに段差ができると積み下ろしがしづらいものですが、「新型ハリアー」は床がフラットになるので、使いやすさもバッチリ。

 「新型ハリアー」の荷室。奥行きも幅もたっぷり
「新型ハリアー」の荷室。奥行きも幅もたっぷり
 シートを倒せばさらに広く使える。床に段差ができずフラットなのもポイント
シートを倒せばさらに広く使える。床に段差ができずフラットなのもポイント
 ジュニアシートやお掃除グッズは床下に収納できるので、荷室の邪魔にならない
ジュニアシートやお掃除グッズは床下に収納できるので、荷室の邪魔にならない

充実の安全装備で安心してドライブできる

カレコの「新型ハリアー」は、2.0Lのガソリン車です。「ダイナミックフォースエンジン」という新設計のエンジンは力強くスムーズで、思い通りに走れます。静かさや乗り心地のよさは新型になってさらに向上し、高級車顔負けです。

 SUVらしい目線の高さ。見晴らしがよく車幅感覚もつかみやすい
SUVらしい目線の高さ。見晴らしがよく車幅感覚もつかみやすい
 大きな画面のカーナビは見やすく操作もわかりやすい
大きな画面のカーナビは見やすく操作もわかりやすい
 アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従付き)も装備。右ボタンで起動し、「SET」で追従走行スタート
アダプティブ・クルーズ・コントロール(全車速追従付き)も装備。右ボタンで起動し、「SET」で追従走行スタート

ミドルクラスSUVというと、「ボディが大きそうでちょっと不安」と思う人もいるかもしれません。でも、「新型ハリアー」は車幅感覚がつかみやすく、また大きめのドアミラーや駐車時支援機能の前後センサー(インテリジェントクリアランスソナー)も付くので、乗ってみると運転しやすいことがわかります。走行中、意図せず車線をはみ出しそうになったとき、ブザーやハンドルの振動ではみ出しを教えてくれる「レーントレーシングアシスト」も装備。

 大きなドアミラーによって車線変更や駐車時の後方確認もしやすい
大きなドアミラーによって車線変更や駐車時の後方確認もしやすい
 バックモニターにはハンドル操作に連動するガイドラインが表示される
バックモニターにはハンドル操作に連動するガイドラインが表示される
 前後センサー(インテリジェントクリアランスソナー)は近くにある障害物を音と表示で知らせてくれる
前後センサー(インテリジェントクリアランスソナー)は近くにある障害物を音と表示で知らせてくれる

新しくなった「ハリアー」に乗ってみよう

「新型ハリアー」の車種クラスは「ミドル」で、ベーシックプランの場合、10分160円、6時間パック4,080円、12時間パック6,700円、24時間パック8,300円、夜間パック3,100円でご利用いただけます。6時間以内の予約・利用の場合、距離料金(16円/km)は不要です。

 「新型ハリアー」と「RAV4」を乗り比べてみるのも面白そう
「新型ハリアー」と「RAV4」を乗り比べてみるのも面白そう

よりスタイリッシュに、さらに上質になった「新型ハリアー」。8月6日現在、18か所のステーションに設置しています。この夏のお出かけに、ぜひご利用ください。

>>>「新型ハリアー」を予約する

>>>カレコ・カーシェアリングクラブの料金

<関連記事>
>>>人気のコンパクトSUV「ライズ」は日常にも遊びにも大活躍!

>>>「RAV4」「ハイエース ワゴン」トヨタの人気車種で出かけよう

>>>国産車×SUVまとめ:プラド、ハリアー、CX-5、XV…カレコで乗れる国産SUV

  • 記事内容は公開時のものです。変更になる場合があります。