おすすめドライブ

富士山を望む絶景の天然温泉「ほったらかし温泉」と丘陵ドライブを楽しむ


山梨県山梨市にある、日帰り温泉施設「ほったらかし温泉」。自然の立地のままに作られた天然温泉につかりながら、朝は日の出を拝み、昼は富士山を望み、そして夜は甲府盆地に広がる夜景を見渡せるといった、時間とともに移り変わる眺望が人気のスポットです。

都心から2時間の、ほどよいドライブスポット

都心から中央自動車道で勝沼ICへ。一般道へと降りたのち「富士塚通り」、「フルーツライン」を経て、ほったらかし温泉に到着します。2時間かからない程度の道のりです。

富士塚通り沿いにはフルーツ直売所が軒を連ねる
フルーツ畑の光景が広がるフルーツライン。取材時はブドウが真っ盛りだった

「山梨県笛吹川フルーツ公園」内を通過し、5分ほど山道を登るとほったらかし温泉に着きます。道が細くカーブも急なので、速度を控え、対向車には十分に注意しましょう。

「ほったらかし温泉」に到着。亀のオブジェが出迎えてくれる

標高およそ700メートルに位置するほったらかし温泉。当初、この地は高齢者に向けた総合保養施設とする予定でしたが、バブル経済の崩壊により中断。温泉を掘りあてた後、温泉を楽しめる設備だけを整え、1999年に日帰り温泉ほったらかし温泉をオープン。少しずつ設備を更新し、現在に至るそうです。

「あっちの湯」と「こっちの湯」がある

オープン当初からある元場の「あっちの湯」。くわえて2003年より新湯「こっちの湯」が開湯しました。それぞれ別の源泉を使用しており、ともに掛け流し。入湯料は両湯別料金で800円。時間の制限はありません。

温泉泉質はどちらも「アルカリ性単純温泉」で、主な適応症に神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、慢性消化器病、痔疾、冷え性などがあげられています。

どちらのお湯に入るか迷った方のために、サイコロが用意されている

●こっちの湯

オープン当初からある「こっちの湯」の入り口。
富士山を真正面に望む「こっちの湯」。残念ながらこの日は雲に隠れ、望むことはかなわなかった

「こっちの湯」のPH値(水素イオン濃度)は9.68のアルカリ性。開放的な露天風呂には「あつ湯」と「ぬる湯」があり、お日様の光と涼風と浴びながら、のんびりと好みのお湯にひたることができます。日差しが気になる人のため、内風呂と日傘も用意されています。10時30分に開場し、平日は17時(最終受付は16時)まで、土日祝は22時(最終受付は21時30分)まで営業しています。

●あっちの湯

アニメにもモデルとして登場した「あっちの湯」。いわゆる“聖地”として入浴にくるお客さまもいる
日が暮れた後は、「新日本三大夜景」に認定された甲府盆地の夜景が一望できる

「あっちの湯」のPH値は10.1の高アルカリ性。「こっちの湯」と同様に、露天風呂は「あつ湯」と「ぬる湯」があり、好みのお湯につかることができます。「こっちの湯」のおよそ2倍の広さを持ち、日の出を拝めるよう日の出時間の1時間前より開場し、22時(最終受付は21時30分)まで営業しています。

また、敷地内には「休憩所」も用意されており、温泉から出た後、汗が引くまで一休みすることができます。

休憩所は冷暖房が完備され、長湯の相方をゆっくり待つことができる

お食事処や軽食スタンド、キャンプ施設もある

ほったらかし温泉の施設内にはお食事処や軽食スタンド、おみやげ屋もあります。さらに近くにはキャンプ施設もあり、ほったらかし温泉を満喫できるようになっていました。

●気まぐれ屋

お食事処の「気まぐれ屋」の人気メニューは、早朝名物の「TKG(卵かけご飯)」と、丹念に仕込まれた「伝説のカレー(仮)」。展望テラスにて甲府の町並みを眺めながらの食事は、一際、美味しく感じられるでしょう。TKGが提供されるのはオープン(日の出時刻)から売り切れるまで。伝説のカレー(仮)が提供されるのは12時から売り切れるまでとなります。

お食事処「気まぐれ屋」はTKG(卵かけご飯)が名物

●桃太郎

軽食スタンド「桃太郎」で購入した巨峰ソフトクリームは、まるでジェラートのような濃厚さ。香りと味の濃さに驚かされます。

桃太郎では、TKGとともにほったらかし温泉の名物となっている「温玉あげ」が食べられる
お風呂上がりに食べるソフトクリームは格別

●おみやげ屋

「おみやげ屋」では、地元産のフルーツやご当地ワイン、その他、数々のご当地ものがずらりと用意されています。帰り道でのお土産を心配することなく、温泉を楽しむことができますね。

各種フルーツは、周辺の直売所に負けないお値打ち価格
山梨はぶどうの産地。たくさんのワインが取り揃えられる

マスコットキャラクターの可愛さに、「ほったらかし温泉」オリジナルのバスタオルを購入してしまいました!

お殿様のキャラクターが可愛いオリジナルのタオル

●ほったらかしキャンプ場

これまで「ほったらかし温泉」には宿泊施設がなかったのですが、2016年、歩いてすぐのところに「ほったらかしキャンプ場」がオープンしました。小屋付きサイトには宿泊用の設備があるので、はじめてのキャンプにはもってこいのキャンプ場です。

キャンプサイト、小屋付きサイトもクルマを置くことができる

▼ほったらかし温泉
住所:山梨県山梨市矢坪1669-18
電話:0553-23-1526
駐車場:あり(無料)
URL:http://www.hottarakashi-onsen.com/

▼ほったらかしキャンプ場
住所:山梨県山梨市矢坪1669-25
電話:080-9677-1010
駐車場:あり(無料)
URL:https://hottarakashicamp.com/

フルーツ公園で甲州特産品が山盛りのランチを

温泉を堪能した後、お昼ご飯を食べるために「山梨県笛吹川フルーツ公園」へと向かいます。

「山梨県笛吹川フルーツ公園」は、ほったらかし温泉からクルマで約5分

山梨県笛吹川フルーツ公園は、文字通り様々なフルーツの木が園内のいたるところに植えられている公園です。一年を通してフルーツの花や実を楽しめます。

リンゴの実は赤く色づきはじめていた
成熟直前のカリンの実。さまざまなフルーツが、どの時期に花が咲き、実が成熟するのかを、自然と学べる
フルーツだけでなく様々な草花や木々も植えられており、入場者の目を楽しませてくれる
「展望★星屑レストラン ガイア」のテラス席では、豊かな自然と眺望を満喫しながら食事ができる

この日は「展望★星屑レストラン ガイア」で、「富士桜ポークの味噌クリームほうとうパスタ」と「ガッツリ大人のお子様ランチ」をオーダーしました。

「富士桜ポークの味噌クリームほうとうパスタ」(1,480円)

生パスタをこえる「ほうとう」のもちもちした食感は、驚くほど味噌クリームとマッチ。 富士桜ポークの甘さは地元野菜を引き立てます。

「ガッツリ大人のお子様ランチ」(1,980円 )

甲州クリスタルポークに富士山麓牛と、甲州特産肉を贅沢に盛り合わせた「ガッツリ大人のお子様ランチ」。30食限定なので、食べたい人はお早めに。

▼山梨県笛吹川フルーツ公園
住所:山梨県山梨市江曽原1488
電話:0553-23-4101
駐車場:あり(無料)
URL:https://fuefukigawafp.co.jp/

マカロンを求めて甲府まで丘陵ドライブ

お腹も膨れたところで、フルーツラインの運転を楽しみながら甲府を目指します。

サクランボを象った街灯が可愛らしい

向かったのは甲府駅近くにある「スローライフ」。色とりどりのマカロンや焼き菓子が美味しいと評判のパティスリーです。

お土産用にマカロンとオーガニック卵のマドレーヌ「うまれたて」を購入。時期により限定マカロンは入れ替わるそうなので、また機会があったら訪れたい
外はサクサク、中身はしっとりのマカロン。評判になるのも頷ける美味しさ

▼スローライフ
住所:山梨県甲府市朝日5-6-10
電話:055-253-5565
駐車場:あり(無料)
URL:http://slowlife-macaron.com/

今回のドライブで利用したクルマ:スバル「フォレスターAdvance」

今回、利用したのはスバルのSUV「フォレスターAdvance」です。アシストモーターを搭載する「e-BOXER」システムにより、パワフルな加速性能と高い燃費を実現。高速道路での追い越しや急な坂道も、軽々とこなしてくれます。

マニュアルモードとパドルシフトの組み合わせは、運転をより楽しいものにしてくれる

▼スバル「フォレスターAdvance」があるステーションはこちら
https://www.careco.jp/car/subaru-new-forester/

▼その他のクルマはこちらから
https://www.careco.jp/car/

  • 記事の内容は公開時のものです。変更になる場合があります。