カレコのサービス

「Hi, Mercedes!」で音声操作。新型Aクラスがカレコに登場!


2018年12月にフルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツの新型Aクラス「新型A180スタイルAMGライン」が、同月からカレコのラインアップに加わりました。

「Hi, Mercedes!(ハイ、メルセデス!)」と話しかけると起動する、対話型の音声認識システム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や、Sクラスと同等の安全性能も装備されています。

今回は、「新型A180スタイルAMGライン」の魅力をご紹介します。

上質な外観とデジタルなコックピット

「新型A180スタイルAMGライン」は、AMGラインの内外装が装着されていて、上質でスポーティーなデザインです。

より上質になったエクステリア。ヘッドライトは「アクティブハイビームアシスト・プラス」つきのLED式

より上質になったエクステリア。LED式のヘッドライトは、前方の交通状況をカメラで検知し、明るさを自動で調整する「アクティブハイビームアシスト・プラス」付き

ボディサイズは全長4,400mm×全幅1,800mm×全高1,420mmと旧モデルより少し大きくなった

ボディサイズは全長4,400mm×全幅1,800mm×全高1,420mmと旧型モデルより少し大きくなった

AMGラインのため、スポーティな18インチホイールが走りを支える

AMGラインのスポーティーな18インチホイールが走りを支える

エアコンの丸い吹き出しに、ワイドなディスプレイが特徴

エアコンの丸い吹き出しに、ワイドなディスプレイが特徴

インテリアは、連続した2つの大型ディスプレイが特徴的。右側にあるディスプレイは、ハンドルのタッチスイッチでメーターや地図、ルート検索などの表示方法を選択可能。左側にあるディスプレイはタッチパネルで、センターコンソールのタッチパッドでも操作できます。

ハンドルのタッチスイッチで実際にディスプレイの表示を切り替えてみました。

ハンドルの左はオーディオ関連、右はクルーズコントロールなどのスイッチが備わる。シートの操作はドアのボタンで行う電動式

ハンドルの左にオーディオ関連、右にクルーズコントロールなどのスイッチがある。電動式のシートの操作はドアのボタンで行う

センターコンソールのタッチパッドでも各種操作が可能。前方の蓋を開ければスマートフォンを置くだけ充電できるワイヤレスチャージングが現れる

センターコンソールのタッチパッドでもカーナビの操作が可能。前方のフタを開けると、Qi対応機種のスマートフォンを置いて充電ができる「ワイヤレスチャージング」が現れる

対話型の音声認識システム「MBUX」を試そう

新型Aクラスの注目の機能は、人工知能による対話型の音声認識システム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」。「Hi, Mercedes!(ハイ、メルセデス!)」と呼びかけると起動し、「◯◯へ行きたい」「ちょっと寒い」「ラジオをかけて」などと話しかけて操作できます。シートヒーターのON/OFFも可能。友人に話すように気ままに操作できます。

音声操作ボタンを押すことなく「ハイ、メルセデス」と呼びかけるだけで起動する

「ハイ、メルセデス」と呼びかけるだけで起動する

座席はゆったりとしたサイズ

乗車定員は旧型モデルと同じで5名。ボディサイズが大きくなったので、後ろの席もよりゆったり座れるようになりました。シートはレッドステッチがおしゃれな「DINAMICA(ダイナミカ)」を使用。運転席と助手席はドアのボタンで操作する電動式で、シートヒーターも装備されています。

シートは赤いステッチが入ってお洒落な雰囲気。手動で座面の長さを調整することもできる

シートは赤いステッチが入ってスポーティーな雰囲気。手動で座面の長さを調整することもできる

ボディサイズが大きくなったことで、後席も広くなっている。中央にはアームレストも装備

クルマのボディサイズが大きくなったことで、後部座席も広くなっている。中央にはアームレストも装備

荷室の広さも十分。もちろん後部座席を倒すことで、さらに荷室を拡大することができる

荷室の広さも十分。後部座席を倒すと、さらに荷室を拡大できる

キビキビとスポーティーに走る

「MBUX」や内装だけでなく走りも進化した新型Aクラスは、乗ってみると“キビキビ走る”という表現がピッタリ。アクセルを踏めばすぐに加速し、ハンドルを回すとスッと向きを変えてくれます。排気量わずか1.3Lとは信じられないほどパワフルです。乗り心地は、始め「ちょっと固いかな」と思うかもしれませんが、それがスポーティーな走りにつながっています。

スポーティーなきびきびした走りが楽しめる

キビキビとした走りが楽しめる

先進の運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」が装備されているので、安全面も心強い。「アダプティブクルーズコントロール」はもちろん、車線や先を走るクルマを認識してタイヤの操作をアシストする「アクティブステアリングアシスト」、高速道路でウインカーを操作すると行き先にクルマがいないことを確認してから自動的に車線変更をする「アクティブレーンチェンジングアシスト」も搭載されています。

アダプティブクルーズコントロールは左上「LIM」のボタンで起動。「SET」のボタンを操作すると機能がONになる

「アダプティブクルーズコントロール」は左上「LIM」のボタンで起動。

アダプティブクルーズコントロールの作動中、メーター中央下のハンドルマークがグリーンに点灯しているときはステアリング操作もアシスト

「アダプティブクルーズコントロール」の作動中にメーター中央下のハンドルマークがグリーンに点灯しているときは、タイヤの操作もアシストしている

「新型A180スタイルAMGライン」で次世代のドライブ体験を

「新型A180スタイルAMGライン」の利用料金は、6時間パック 4,300円、12時間パック 7,300円、24時間パック 8,800円のベンツクラス料金です。夜間パックは3,000円。6時間以内の予約・利用なら、距離料金はかかりません。

2019年2月14日現在、「セルリアンタワー(地下3階駐車場)」ステーションと「リパーク梅田駅前(立体)」ステーションから乗ることができます。

スタイリングも機能性も安全性も充実したクルマで、次世代のドライブ体験をお楽しみください。