会員インタビュー

ライフスタイルの変化に合わせてクルマの使い方を変える。「カレコがあって本当によかった!」会員インタビューvol.29


「カレコがなかったら生活はどうなっていたんだろう」と話すのは、フリーライターのあやぽんさん。結婚後一度はクルマを手放しましたが、お子さまが生まれてクルマが必要になり、カレコに入会しました。どのように活用しているのかお話をうかがいました。

インタビューには二人のお嬢さんも同席いただきました

インタビューには二人のお嬢さんも同席いただきました

ライフスタイルの変化でクルマが必要に

結婚前は、必需品というよりも趣味としてクルマを持ち、温泉旅行などに行っていたというあやぽんさん。結婚後もしばらくはクルマを維持していましたが、本当に必要かどうか悩むようになったそうです。

「二人でドライブに行ったり、重いものを運ぶときにクルマを使っていましたが、中古車だったこともあり、車検の費用は想定以上。ちょうど、マンション購入を計画中で、貯金をしようというときだったので悩みました。駐車場代、保険料、ガソリン代など車検以外のクルマにかかる費用も計算してみたら結構な額に。利用頻度と費用を見比べて、クルマを手放すことを決めました」

その後、マンションを購入し、一人目のお子さまが誕生。生活がガラリと変わりました。

「当時は私も会社員でしたので、特に朝は時間に追われる慌ただしい生活でした。保育園の送迎のために電動自転車を買いましたが、雨の日は運転できないので、タクシーを呼ぶこともありました。雨の日なのでタクシーの予約がいっぱい、なんていうことも。ちょっとしたお出かけに電車を使うのも、周りの人に気を使うことも多くて、夫婦でクルマが欲しいね、と話すようになりました。でも、やはり月々の費用がネックになって、購入には踏み切れずにいました」

駅前で開催されていたカレコのキャラバンで話を聞いてみたというあやぽんさん

駅前で開催されていたカレコの説明会で話を聞いてみたというあやぽんさん

そんなとき、カレコのサービスの説明会が駅前で開催されているところにご夫婦でたまたま通りかかり、立ち寄ってみることに。

「カーシェアはなんとなく知っていましたが、利用料金が思ったよりも安くて驚きました。近所に複数のステーションがあることが決め手になり、その場で二人とも入会しました」

平日はフル活用!予約を早めに抑えておけるのが助かる

あやぽんさんご夫婦のカレコの利用方法は、大きく分けると日常使いとレジャー使いの二つ。日常使いでは、お子さまの成長につれて、使い方が少しずつ変わってきているそうです。

雨の日はカレコで登園

雨の日はカレコで登園(写真提供:あやぽんさん)

「子どもが小さいときは、保育園の送り迎えや具合が悪いときの通院で利用していました。下の子はまだ保育園なので、雨の日の通園は今でも使っています。保育園はクルマで数分なので利用時間も10分くらいです。30分で390円※なのでタクシーに比べたら安いですし、すぐに利用できるので助かっています。最近は天気予報を見て、雨なら早めに予約を入れるようにしています。

上の子は8歳で、二駅離れた場所で英語のミュージカルのレッスンを受けています。一人で電車で移動させるのは不安なので、カレコで送り迎えしています。カレコがあったからこそ、通わせられていると思います。

習い事は日程が決まっていてあらかじめクルマを予約しておけるので、クルマが使えなくて困ったことはありません。私はほとんど決まったクルマを使うので、気分は自家用車です」

※ベーシックプランでコンパクトクラスをご利用の場合

「カレコがなかったらどうなっていたんだろう」と話すあやぽんさん

カレコが生活の一部になっているそう

一方でご主人は、いろいろなクルマに乗るのが好きだそう。離れたステーションまで自転車で行き、「ハリアー」「エスクァイア」などのミドルカーを運転することが多いとのこと。

カレコでは、ステーション名の後ろに「(自転車可)」と記載のあるステーションなら、カレコ車室内の車止め後方部分の車室ライン内に自転車を停められます。乗りたいクルマが自宅から離れていても、自転車でカレコのステーションまでお越しいただけます。

家族でお出かけのときは助手席争奪戦。見事ゲットした笑顔

家族でお出かけの時は助手席争奪戦。見事ゲットした笑顔(写真提供:あやぽんさん)

特別な1日もカレコ

レジャーでは、主にご主人がカレコを利用されています。

「主人の趣味はブラックバス釣り。カレコに入会する前はレンタカーで行っていましたが、朝早く出かけるには、前の日から借りておかないといけないので、余計なお金がかかっていました。カレコは24時間いつでも借りられるので、夜明け前から借りて出発できるようになりました」

1日だけの特別な使い方をすることも。

「下の子の保育園の運動会は『こどもの国』で開催されるので、みんなでクルマで行きました。主人が会社のサッカーチームに入っているので、その応援に家族で北千住まで行ったこともあります」

「パパ、頑張って〜」と家族で応援

「パパ、頑張って〜」と家族で応援(写真提供:あやぽんさん)

カレコのアンバサダー懇親会にもカレコで参加されたそう。

夏休みには、家族そろってニジマス釣りに。釣ったニジマスをその場で食べられるので、みんなで楽しめたとのこと。

大きなニジマスを手に入れて笑顔

大きなニジマスを手に入れて笑顔(写真提供:あやぽんさん)

カレコをみんなにおすすめしています!

子育てママに、短時間での利用をおすすめします、とあやぽんさん

「子育てママに、短時間での利用をおすすめします」とあやぽんさん

カレコが好きだと言うあやぽんさんは、お友だちや知り合いにもカレコをおすすめしているそうです。

「近所には、我が家と同じような理由でクルマを手放した方が多いので、短時間でも利用できる便利さを伝えています。お世話になっている美容師さんも入会してくれました」

これからもどんどんカレコを利用していきたいとあやぽんさん。子育て以外でもご自身のお仕事にも使いたいと考えているとか。また秋には、キャンピングカーを借りて友だちご家族と一緒にキャンプをする予定とのこと。

日常生活にも特別なお出かけにも、用途に合わせてカレコをご活用いただいています。

  • サービス詳細・お申し込みはこちらから。


    記事の情報は公開時のものです。