カレコのサービス

本格派SUV「ランドクルーザープラド」がカレコに登場


トヨタの本格派SUV「ランドクルーザープラド」が、カレコのラインアップに加わりました。アウトドアを楽しむのはもちろん、ゆったりとした走りはロングドライブにもおすすめです。この「ランドクルーザープラド」、一体どんなクルマなのでしょうか。詳しくご紹介していきます。

堂々とした外観と、7人乗りで使い勝手が良い車内

「ランドクルーザープラド」は、世界的に高い人気を誇る「ランドクルーザー」の弟分。悪路にも対応できるので、日本でもアウトドア派を中心に支持されているクルマです。弟分とはいえ、ボディサイズは全長4,825mm×全幅1,885mm×全高1,850mmとミニバン「アルファード」とほとんど同じ大きさで、堂々としています。

力強さを感じるデザイン

力強さを感じるデザイン

3列シートの7人乗りとなっている

3列シートの7人乗りとなっている

大きなタイヤと高い車高は本格派SUVの証

大きなタイヤと高い車高は本格派SUVの証

車高が高いため、乗車するときはよじ登るような感覚です。座席に座ると、アイポイント(視線)が高いため見晴らしがよく、窓も大きいので開放感のある印象です。インテリアも、本格派らしい力強さを感じさせるデザイン。「ランドクルーザー」の名に相応しく高級感があります。

質感の高いインテリアは乗っていて気分がいい

質感の高いインテリアは乗っていて気分がいい

「ランドクルーザープラド」の乗車定員は7人。ミニバンのようにも使えるので、ミニバンとはちょっと違うクルマでお出かけしたいときに利用してみるとおもしろいかもしれません。

車幅がたっぷりしているため、肘掛けのサイズもゆったりしている

車幅が大きいため、肘掛けのサイズもゆったりしている

2列目シートは3人がけ。足元が広く、見晴らしもいいため、長時間のドライブでも快適

2列目シートは3人がけ。足元が広く、見晴らしもいいため、長時間のドライブでも快適

3列目シートは2人がけ。「ヴォクシー」や「アルファード」ほど広くはないものの、しっかりしたシートが備わる

3列目シートは2人がけ。「ヴォクシー」や「アルファード」ほど広くはないものの、しっかりしたシートが備わる

2列目/3列目を倒せば大きな荷物を詰める広大なスペースになる

2列目と3列目のシートを倒せば大きな荷物を積める平らなスペースになる

バックドアは横開きタイプだが、ガラス部分のみを開けることも可能

バックドアは横開きタイプで、ガラス部分のみを開けることも可能

車内が広いので大きな荷物もしっかり積めて、車体は大きいですがバックドアのガラス部分のみの開閉ができるので使い勝手も良く、家族やお友達とのアウトドアで活躍します。

走ってみると意外と大きさを感じない!

「ランドクルーザープラド」のボディは大柄であるものの乗ってみると、意外に運転しやすいことがわかりました。その理由は、高い視点と車体の大きさの把握しやすさ。「ランドクルーザープラド」はボンネットが比較的四角くて、運転席からボンネットが見えるので、ボディの先端がわかりやすいです。

アイポイント(視点)が高いので、この車幅でも運転しやすい

アイポイント(視点)が高いので、この車幅でも運転しやすい

もう一つ、運転しやすさを感じるのはボンネットの左前にフェンダーミラーが付いていること。ボンネットが大きくても、前方の死角が少なくなっています。また、ドアミラーが縦横に大きいため周囲が確認しやすく、車線変更や駐車をするときも安心です。

ボンネット左前につくミラーは、左前輪まわりと前方の死角を補う

ボンネット左前につくフェンダーミラーは、左前輪まわりと前方の死角を補う

車高が高いと死角が増えるため、大きなドアミラーで死角を減らしている

車高が高いと死角が増えるため、大きなドアミラーで死角を減らしている

もちろんバックモニターも備わるから、駐車時も安心

バックモニターも備わっているので、駐車時も安心

さらに「ランドクルーザープラド」は、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」も装備。緊急自動ブレーキ(プリクラッシュセーフティ)、車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)、追従ドライブ支援(レーダークルーズコントロール)の4つの先進安全機能が搭載されています。

レーンディパーチャーアラートは、メーター中央の表示と音で「車線はみ出し」を警告

「レーンディパーチャーアラート」は、メーター中央の表示と音で「車線はみ出し」を警告

ハンドル右側の「<>」のボタンがメーター中央の表示を切り替える。右下奥のレバーでクルーズコントロールの操作を行う

ハンドル右側の「<>」のボタンがメーター中央の表示を切り替える。右下奥のレバーでクルーズコントロールの操作を行う

メーター中央の表示はハンドル右側の「<>」のボタンで、「レーンディパーチャーアラート」や速度表示などの切り替えができます。 各機能について詳しくは、車載の取扱説明書をご覧ください。

「ランドクルーザープラド」に乗ってみよう!

「ランドクルーザープラド」は、2018年6月現在、以下のステーションでご利用いただけます。

今後も、順次設置を進めていく予定です。「ランドクルーザープラド」の最新の設置ステーションは以下のリンクから確認できます。

▼「ランドクルーザープラド」が設置されているステーション
https://www.careco.jp/car/toyota-landcruiserprado/

ベーシックプランの場合、時間料金はプレミアムクラスなので、12時間パック8,000円、24時間パック9,800円、夜間パック4,500円です。
▼料金について詳しくはこちら
https://www.careco.jp/plan/

アウトドアシーズンに大活躍しそう

アウトドアシーズンに大活躍しそう

普段とはちょっと違った特別なクルマに乗ってみたいときにも、夏休みの思い出作りにもピッタリな「ランドクルーザープラド」、ぜひ利用してみてくださいね!

  • サービス詳細・お申し込みはこちらから。


    記事の情報は公開時のものです。