利用アイデア

夏本番!カレコをめいっぱい使おう

夏本番!

夏休みは帰省やお出かけをする機会も多い季節ですね。1泊2日の旅行や帰省、小さなお子さんと一緒のお出かけなど、クルマがあると便利だなという時には、ぜひカレコを活用してみてください。

また旅行やお出かけなど大きな用事がなくても、カレコは日常のちょっとしたお買い物や送迎などにもおすすめです。特に猛暑日の移動は近所であってもキツイもの。30分〜1時間程度の利用でも、カレコなら簡単かつお得にご利用いただけます。

今回は、夏ならではのカレコの活用方法と料金についてご紹介しましょう。

カレコでは2014年7月より料金を改定しました。現在の料金プランおよびご利用事例はこちらをご覧ください。

長時間お得なカレコで帰省しよう

夏休みは旅行に出かけたり帰省される方も多いでしょう。カレコでは、1泊2日など長時間の利用もレンタカーよりお得になっています。なお、カレコでは最長72時間(3日間)までクルマをご予約いただけます。

「夏休みは予約が取りづらそう」と心配な方は、お早めに乗りたいクルマを予約しておくことをおすすめします。カレコでは、2ヶ月前からクルマを予約することができるので、夏休み以外にも3連休や年末年始などは早めに予約しておくとよいでしょう。

長時間のお出かけの例として、こんなご利用はいかがでしょうか。

帰省などの長時間の利用にもカレコ

帰省などの長時間の利用にもカレコ

妻、小学6年生の長女、小学3年生の長男と一緒に、妻の実家のある群馬県前橋市に里帰り。自分は一泊して東京に戻るが、妻と長女、長男はしばらく群馬で過ごす予定。荷物が多いので、大きめのクルマに乗りたい。

家族全員で移動するときや荷物が多いときにおすすめなのが、7、8人乗りの「トヨタ ヴォクシー」や「ホンダ フリード」などのミドルカーです。

36時間の場合の料金目安

利用時間が9時~翌日の21時までの36時間、東京都渋谷区から群馬県前橋市まで往復することを想定して、カレコの利用料金を考えてみましょう。

まず今回の利用時間は36時間なので、時間料金については12時間パックと24時間パックが適用されます。バリュープランの時間料金は以下の通りです。

時間料金 = 12時間バック + 24時間パック = 6,300円+7,800円 = 14,100円

距離料金は、クルマを利用した際の走行距離に応じて発生します。東京都渋谷区から群馬県前橋市までは約120kmなので往復で240kmです。ミドルカーの場合は1km当り17円となります。よって、以下のように計算できます

距離料金 = 240km × 17円 = 4,080円

この場合のカレコの利用料金は以下の通りです。クルマの中で家族で盛り上がりながら、楽しい帰省ができそうですね。

合計 = 14,100円 + 4,080円 = 18,180円

カレコで小さいお子さんと一緒にお出かけしよう

夏休みに小さなお子さんを連れてのドライブも楽しいですが、忘れてはいけないのがチャイルドシートやジュニアシートです。

6歳未満の場合、チャイルドシートやジュニアシートの利用が義務付けられています。カレコの全車両には、4歳以上の子どもに適したジュニアシートが搭載されていますので、安心してご利用ください。

カレコのクルマにはジュニアシートが配備されている

カレコのクルマにはジュニアシートが配備されている

4歳未満の子どもに適したチャイルドシートは、事前にご連絡いただければ渋谷区恵比寿のカレコ・カーシェアリングクラブにて無料で貸出ししています。さらに一部のクルマは常設されておりますので、ぜひご利用ください。

夏のお子さんとのお出かけに、こんな利用はいかがでしょうか。

小さなお子さんとのお出かけにもカレコ

小さなお子さんとのお出かけにもカレコ

妻と4歳の長女と3人で横浜のこどもの国に遊びに行く。きっと帰りのクルマでは遊び疲れた娘がぐっすり眠るだろう。

小さなお子さんと一緒のドライブにおすすめしたい車種は、「トヨタ プリウス」や「ホンダ インサイト」など、室内が広くエンジン音の静かなエコカーです。

6時間の場合の料金目安

利用時間が6時間、東京都渋谷区から神奈川県横浜市まで往復することを想定して、カレコの利用料金を考えてみましょう。

まず、時間料金については6時間パックが適用されます。バリュープランの場合は、以下のようになります。

時間料金 = 6時間パック = 4,000円

距離料金は、エコカーの場合1km当り10円となります。東京都渋谷区から神奈川県横浜市のこどもの国までは約30㎞なので往復で60㎞です。よって、以下のように計算できます。

距離料金 = 60km×10円 = 600円

つまりこの場合のカレコの利用料金は以下の通りです。5000円前後の出費で、お子さんとたくさん遊んで楽しい一日になりそうですね。

合計 = 4,000円 + 600円 = 4,600円

お買い物、送迎などの短時間利用もカレコ

真夏に重い荷物を持ったり、お子さんやお年寄りと一緒に移動するのは大変なもの。暑い日は、無理をせずにカーシェアでサッと済ませるのがおすすめです。タクシーに乗るよりもお得で便利ですね。

例えば、暑い日中にこんな利用はいかがでしょうか。

真夏日のお買い物、送迎などにもカレコ

猛暑日のお買い物、送迎などにもカレコ

日用品をまとめて買いたいので、少し離れた大型スーパーに行きたい。いつもは自転車で行くが、暑いのでクルマで移動したいな。

ちょっとした移動に便利なのが、小回りがきいて運転しやすいコンパクトカーです。カレコでは「ニッサン ノート」や「トヨタ ヴィッツ」など、運転しやすいクルマがそろっています。

1時間の場合の料金目安

利用時間が1時間、近くの大型スーパーまで買い物することを想定して、カレコの利用料金を考えてみましょう。

今回の利用時間は1時間なので、時間料金については10分単位の料金が適用されます。バリュープランの場合は、以下のようになります。

時間料金 = 170円/10分 × 6 (60分 = 1時間) = 1,020円

距離料金は、大型スーパーまで2.5㎞とすると往復で5㎞です。コンパクトカーの場合は1km当り15円となります。よって、以下のように計算できます。

距離料金 = 5km×15円 = 75円

この場合のカレコの利用料金は以下の通りです。なんと1000円前後の料金で利用できるので、タクシーの初乗り運賃で往復するよりも安く済みます。これなら暑さを気にすることなくお買い物に行けますね。

合計 = 1,020円 + 75円 = 1,095円

まとめ:夏だからこそカレコを利用しよう

さて、今回は夏ならではのカレコの利用方法を3つ紹介しました。夏のお出かけでも用途にあわせて最適なクルマを選べたり、長時間でも短時間でもお得に利用できるところは、カレコの魅力です。

皆さまはどんな使い方をしますか?

おトクな入会キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。